ネクソン、シリコンバレーのソーシャルゲームデベロッパー・A Bit Luckyに出資 | GameBusiness.jp

ネクソン、シリコンバレーのソーシャルゲームデベロッパー・A Bit Luckyに出資

その他 その他

韓国のオンラインゲームメーカー・ネクソンは、シリコンバレーのソーシャルゲームデベロッパーA Bit Luckyに500万ドルを出資したと発表しました。

A Bit Luckyは『Lucky Train』というソーシャルゲームをFacebookで提供していて、月間アクティブユーザーは約100万人。提供中のゲームは1本だけですが、ゲーム業界やインターネット業界のベテランによって設立され、新時代のソーシャルゲームを立ち上げる事を使命と掲げています。

『Lucky Train』は鉄道路線を作り上げていくソーシャルゲーム。友達の街に線路を広げたり、街をデコレーションしていって楽しむことができます。

ネクソンは基本無料+アイテム課金の元祖とも言うべき存在ですが、他の大手パブリッシャーと同様にソーシャルゲーム市場には乗り遅れた存在です。EAのPlayfish、ディズニーのPlaydomといった動きと比較すると小規模ですが、この市場にコミットしたいという意気込みの現れと言えそうです。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら