ネクソン、シリコンバレーのソーシャルゲームデベロッパー・A Bit Luckyに出資 | GameBusiness.jp

ネクソン、シリコンバレーのソーシャルゲームデベロッパー・A Bit Luckyに出資

韓国のオンラインゲームメーカー・ネクソンは、シリコンバレーのソーシャルゲームデベロッパーA Bit Luckyに500万ドルを出資したと発表しました。

その他 その他
韓国のオンラインゲームメーカー・ネクソンは、シリコンバレーのソーシャルゲームデベロッパーA Bit Luckyに500万ドルを出資したと発表しました。

A Bit Luckyは『Lucky Train』というソーシャルゲームをFacebookで提供していて、月間アクティブユーザーは約100万人。提供中のゲームは1本だけですが、ゲーム業界やインターネット業界のベテランによって設立され、新時代のソーシャルゲームを立ち上げる事を使命と掲げています。

『Lucky Train』は鉄道路線を作り上げていくソーシャルゲーム。友達の街に線路を広げたり、街をデコレーションしていって楽しむことができます。

ネクソンは基本無料+アイテム課金の元祖とも言うべき存在ですが、他の大手パブリッシャーと同様にソーシャルゲーム市場には乗り遅れた存在です。EAのPlayfish、ディズニーのPlaydomといった動きと比較すると小規模ですが、この市場にコミットしたいという意気込みの現れと言えそうです。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら