オートデスク、Scaleformを約30億円で買収 | GameBusiness.jp

オートデスク、Scaleformを約30億円で買収

その他 その他

DCCツール最大手のオートデスクは、FlashをUIとして利用するソリューション「Scaleform GFx」を提供する米Scaleform Corporationを3600万ドル(約30億円)で買収すると発表しました。

「Scaleform GFx」はPS3/Xbox360/Wii/PSPといった家庭用ゲーム機やPCで、Adobe Flashで制作したリソースをUIなどとして利用するためのソリューション。高品質な3Dメニューやムービーを使った演出などにも対応し、大規模なゲームを中心に800タイトル以上の採用事例があります。また、小規模ゲームでは全体をFlashで制作し、それをゲーム機で動かす用途でも利用されています。

本誌の取材にも何度も応えてもらっているCEOのBrendan Iribe氏やCTOのMichael Antonov氏、COOのMarc Bennett氏らはオートデスクのメディア&エンターテイメント部門に残り、オフィスもメリーランド州のグリーンベルトで変更の予定はないとのこと。

「Scaleformの買収は、ゲーム開発のワークフローの全てを顧客に提供するという我々の目的を前身させるものです。Scaleformのチームはこの分野で豊かな経験と実績を残しており、Scaleformをラインナップに加え、ゲーム開発改善のサポートができることをとても嬉しく思っています」とオートデスクでゲーム事業を担当するMarc Stevens氏はコメントしています。

買収は第1四半期(4月30日まで)中には完了する見通しとのこと。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら