1000タイトル以上のファミコンソフトのデータを無断で販売していた男、逮捕 | GameBusiness.jp

1000タイトル以上のファミコンソフトのデータを無断で販売していた男、逮捕

その他 その他

コンピュータソフトウェア著作権協会の発表によると、岡山県警の生活環境課と新見署は、ファミコンソフトを無断で複製しネットオークションで販売していたとして、栃木県に住む33歳の男性を、著作権法違反で逮捕しました。
  • コンピュータソフトウェア著作権協会の発表によると、岡山県警の生活環境課と新見署は、ファミコンソフトを無断で複製しネットオークションで販売していたとして、栃木県に住む33歳の男性を、著作権法違反で逮捕しました。
コンピュータソフトウェア著作権協会の発表によると、岡山県警の生活環境課と新見署は、ファミコンソフトを無断で複製しネットオークションで販売していたとして、栃木県に住む33歳の男性を、著作権法違反で逮捕しました。

この無職の男性は、2009年9月17日〜2010年9月3日のあいだに2回に渡って『マイクタイソン・パンチアウト!!』など12本を、権利者に無断で複製。新見市に住む男性などに、携帯電話からアクセスするオークションサイトで販売していたといいます。

男性がオークションサイトで「ファミコンソフト2000本まとめて」と説明し、60,000円〜74,800円で売っていたCD-Rには、ファミコンソフト1,135本分のデータが入っていました。

警察の調べに対し、男性は「金がないから売っていた」と容疑を認めているとのこと。
《土井大輔》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら