バンダイナムコ石川社長年頭所感「明るい風が吹きつつある」 | GameBusiness.jp

バンダイナムコ石川社長年頭所感「明るい風が吹きつつある」

バンダイナムコホールディングスは石川祝男社長による年頭所感を発表しました。

その他 その他
バンダイナムコホールディングスは石川祝男社長による年頭所感を発表しました。

リスタートプランを実施し、組織再編や事業再構築を行ってきましたが、所感の中では「明るい風がグループに吹いてきつつあるのを感じている」としています。


2010年のバンダイナムコグループは、スピードあるグループへの変革と収益力向上と財務体質の強化を目的に、リスタートプランを実施しました。組織再編や効率化など様々な施策にグループとして取り組んだ結果、その効果が徐々に現れ始めています。事業面では残念ながら海外は苦戦しましたが、トイホビー、コンテンツ、アミューズメント施設の各事業からヒット製品・サービスなどの多くの明るい話題を発信することができました。 2011年は現在進行中の中期経営計画の最終年度です。中期経営計画に基づく戦略推進やリスタートプランの実施、そして何よりも皆さんの頑張りにより、明るい風がグループに吹いてきつつあるのを感じています。

今のバンダイナムコグループは、次のステップまでもう少し、もうひとふんばりという大事な局面を迎えています。気をゆるめたり、攻めやチャレンジを怠ることは禁物です。2011年は、グループ社員全員がもうひとふんばりする勝負の年です。豊富なコンテンツや幅広い事業分野、スピードというバンダイナムコグループが本来持つ強みを存分に発揮し、さらに強いグループとなることを目指しましょう。

我々をとりまく環境は、いつどのように変化しても不思議ではありません。しかし変化は新しい何かが生まれるチャンスでもあります。事業においても、日々の業務においても、良い意味で既存概念や習慣にこだわらず、スピーディに攻めとチャレンジを続けてください。そして我々が展開するのはエンターテインメントです。後を向いても何も生まれません。是非楽しんで仕事をして下さい。

株式会社バンダイナムコホールディングス
代表取締役社長 石川祝男
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら