偽の任天堂登録商標入りゲーム周辺機器を輸入していた通販会社が告発される | GameBusiness.jp

偽の任天堂登録商標入りゲーム周辺機器を輸入していた通販会社が告発される

その他 その他

asahi.comによると、名古屋税関は20日、愛知県一宮市の通信販売会社と、その社長と元社員を偽ゲーム周辺機器を密輸入した疑いで告発しました。

社長と元社員は、今年3月〜4月に偽の任天堂の登録商標が入ったゲーム周辺機器を、計150点密輸入したといいます。これは、関税法違反(商標権侵害物品の輸入)の疑いになります。

両容疑者は調べに対し「インターネットで注文した」と話しているといい、国際郵便などを使って周辺機器を密輸入していたようです。

こうした海外からの流入を食い止めることも、違法なゲーム機器の撲滅にひと役買っているのでしょうね。
《土井大輔》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら