レベルファイブら、DS『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』1本につき11円を寄付 | GameBusiness.jp

レベルファイブら、DS『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』1本につき11円を寄付

その他 その他

レベルファイブは、中田英寿氏公認のキャラクターが登場しているニンテンドーDSソフト『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』の売上げ1本につき、11円を寄付するプロジェクトを実施したと発表しました。
  • レベルファイブは、中田英寿氏公認のキャラクターが登場しているニンテンドーDSソフト『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』の売上げ1本につき、11円を寄付するプロジェクトを実施したと発表しました。
レベルファイブは、中田英寿氏公認のキャラクターが登場しているニンテンドーDSソフト『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』の売上げ1本につき、11円を寄付するプロジェクトを実施したと発表しました。

これは「11 forAFRICA(イレブン・フォー・アフリカ)」と名づけられ、中田英寿氏が代表理事を務める一般財団法人TAKE ACTION FOUNDATIONとともに、ユニセフを通じて南アフリカ共和国の子供たちにサッカーボールを活用した教育プログラムを実施するというもの。

サッカーボール配布と同時に、子どもたちに困難な環境を生き抜く力(ライフスキル)の教育を実施することで、教育の機会をつくることができるといいます。

DSソフト『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』は7月1日に発売。9月末時点で約110万本を販売しています。
1本につき11円が寄付されるので、今回は約1,200万円の寄付金が集まりました。これにより配布するサッカーボールは2万個以上になります。

現地時間12月3日、中田英寿氏が「11 for AFRICA」による最初のサッカーボール配布教育プロジェクトを、南アフリカ南部クワズールナタールのEmhubheni中等学校で実施。今後は通年プロジェクトとして、南アフリカ全土の貧困地域にあって、問題が指摘されている585の小中学校を対象に実施されます。

ゲームの購入が社会貢献につながるというのは、実に興味深いですね。

『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』は、7月1日に発売されており、価格は4,980円です。

(C)LEVEL-5 Inc.
《土井大輔》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら