Unityを使った初のソーシャルゲームがhi5でデビュー / 3Dアクションを自作できる『Atmosphir』 | GameBusiness.jp

Unityを使った初のソーシャルゲームがhi5でデビュー / 3Dアクションを自作できる『Atmosphir』

その他 その他

アルゼンチンのMinor Studiosは、Unityで制作したソーシャルゲームを米国のhi5で展開します。Unityで作られたゲームがOpenSocialのプラットフォームで展開されるのは初めてのことです。

『Atmosphir』はユーザーが自分でステージを作れる参加型のアクションゲーム。既に作られたものを遊ぶだけでなく、他人の作った優れたステージを遊ぶ事ができ、終わりはありません。3Dのアクションゲームをオリジナルで作れるものとして注目されています。既に提供されているブラウザ版に加えて、hi5のプラットフォーム上だけでなく、WindowsやMacのアプリケーションとしても12月から提供される予定。またiPadでも開発中です。

《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら