『モンスターハンターポータブル3rd』発売・・・各地で行列も | GameBusiness.jp

『モンスターハンターポータブル3rd』発売・・・各地で行列も

その他 その他

1日、ついにプレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売されました。発売カウントダウンイベントが行われたSHIBUYA TSUTAYAには、朝早くからたくさんのファンと、メディアが駆けつけました。
  • 1日、ついにプレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売されました。発売カウントダウンイベントが行われたSHIBUYA TSUTAYAには、朝早くからたくさんのファンと、メディアが駆けつけました。
  • 1日、ついにプレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売されました。発売カウントダウンイベントが行われたSHIBUYA TSUTAYAには、朝早くからたくさんのファンと、メディアが駆けつけました。
  • 1日、ついにプレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売されました。発売カウントダウンイベントが行われたSHIBUYA TSUTAYAには、朝早くからたくさんのファンと、メディアが駆けつけました。
  • 1日、ついにプレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売されました。発売カウントダウンイベントが行われたSHIBUYA TSUTAYAには、朝早くからたくさんのファンと、メディアが駆けつけました。
  • 1日、ついにプレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売されました。発売カウントダウンイベントが行われたSHIBUYA TSUTAYAには、朝早くからたくさんのファンと、メディアが駆けつけました。
  • 1日、ついにプレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売されました。発売カウントダウンイベントが行われたSHIBUYA TSUTAYAには、朝早くからたくさんのファンと、メディアが駆けつけました。
  • 1日、ついにプレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売されました。発売カウントダウンイベントが行われたSHIBUYA TSUTAYAには、朝早くからたくさんのファンと、メディアが駆けつけました。
  • 1日、ついにプレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売されました。発売カウントダウンイベントが行われたSHIBUYA TSUTAYAには、朝早くからたくさんのファンと、メディアが駆けつけました。
1日、ついにプレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売されました。発売カウントダウンイベントが行われたSHIBUYA TSUTAYAには、朝早くからたくさんのファンと、メディアが駆けつけました。

朝5時過ぎの時点で、東京・渋谷にあるSHIBUYA TSUTAYA前には数十人の列が。
しかし係員から早朝販売は予約者のみで、一般販売は10時からであることを告げられると、知らずにやってきた人たちが残念そうに帰っていく様子が見られました。

イベントは、6:40に開始。登場した『モンスターハンターポータブル 3rd』のプロデューサー・辻本良三氏は、発売日を迎えた心境を問われると「開発期間が長かったので、今まで以上にドキドキと緊張しています」と話しました。さらに開発中、苦労した点については「全部です」ときっぱり。

ここで辻本氏から、PlayStation3を介してオンラインプレイを楽しめる「アドホック・パーティー」に『モンスターハンターポータブル 3rd』の特設ワールドが設置されることが明らかにされました。これは「アドホック・パーティ」の壁紙やサウンド、アイコンが『モンハン』仕様になるもの。今後は、PlayStation Homeからもアドホック・パーティーに入れる機能が追加されるといいます。

さらに1日から、ユニクロでコラボTシャツ「モンクロTシャツ」30種類が発売されるほか、12月7日からはアサヒ飲料とのコラボドリンク「ドデカミン グレート」が発売されるとのことです。

イベントのゲストは、お笑いコンビ「次長課長」の井上聡氏と「パンクブーブー」の佐藤哲夫氏。井上氏は朝早くからの盛り上がりに驚き、「皆同じ気持ちだと思いますが、早く黙々と遊びたい」と心境を語りました。

井上氏は先日『モンハン』仲間を集め、いわゆる「縛りプレイ」をするために『3rd』での武器の抽選会を開いたといいます。そこで井上氏は「ガンランス」を引きあて、佐藤氏は「双剣」担当になったとのこと。これまで「大剣」しか使ったことがないという「ハイキングウォーキング」Q太郎氏が「ヘヴィボウガン」を引き、「触れたことねぇ…」と唖然とするなどドラマがあったといいます。

『3rd』に期待することとしては「初登場のモンスターを誰よりも克服していきたいです」と井上氏。ライバルがいっぱいいるのでやめられないといいます。佐藤氏は「これまで使わなかったアイテムの使用頻度を増やした」といい、「めちゃくちゃ『眠り生肉』を使いたい」と語りました。

また井上氏は会場にきた『モンハン』ファンに「絶対うまいでしょ? 手を見るとわかる」と、『モンハン』が上手な人はピアニストのような指をしているという独自の理論について語りました。

「協力して楽しむのが一番。知らない人といっぱいやってほしい」と井上氏。実際に自身も知らない人とアドホック・パーティーでプレイし、「井上さんですか?」とたずねられたことがあるとのこと。
佐藤氏は「ゲームが得意じゃない人から上級者まで、いろんな楽しみ方があり、タテのつながりもできるゲームだと思うので、ぜひ楽しんでください」とコメントしていました。

そして、7:00のカウントダウンを迎えます。
会場の全員が「3、2、1、狩猟解禁! ひと狩りいこうぜ!」と大きな声をあげると、いっせいに拍手がまき起こりました。

最初のお客さんには、井上氏から商品と記念品であるPSPハンターズモデルが手渡されます。
購入者第1号となった方は、「家族みんなが大好きなんで、家に帰って家族で遊びます」とコメント。

井上氏が「ほとんど1番みたいなもの」という2番目のお客さんは、佐藤さんから商品と記念品を受け取ると「PS3を買ったばかりなので、アドホック・パーティーで遊びたい」と話していました。これには「いいこと言うねぇ。どこでそのコメントを勉強してきたの?」と井上氏。

さらに3番目のお客さんには辻本氏から商品と記念品が。このお客さんをひと目みた井上氏は「(この人は)絶対うまい」と、きれいな指を絶賛。この方は中国からの方で、「『モンハン』のおかげで日本人の友だちがたくさんできたので、『3rd』でも日本の友だちができれば」と話していました。

こうしてカウントダウンイベントは大盛り上がりのうちに終了。
ステージから去り際、井上氏は会場の『モンハン』ファンに向かって、「これからはライバルだ!」とのコメントを残していたのが、なんとも印象的でした。

プレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』は12月1日発売。価格は5,800円です。
《土井大輔》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら