ユニティ、Androidアプリ向けデバッグサービスを開始 | GameBusiness.jp

ユニティ、Androidアプリ向けデバッグサービスを開始

その他 その他

ユニティは、12月1日、Androidスマートフォン向けアプリケーションのデバッグサービス『アンドロデバッグ』と、レンタルサービス『アンドロレンタル』を開始する、と発表しました。

このサービスは、開発会社を対象にしたAndroidアプリのデバッグサービスです。『アンドロデバッグ』については、ユニティが開発会社から委託を受けてAndroidアプリの検証を行うサービスや、開発会社にユニティの検証ルームとAndroid端末を貸し出すサービスからなっています。また、『アンドロレンタル』は、Androidスマートフォンを全国の開発会社に貸し出すサービスです。

同社によれば、日本国内で発売されるAndroidスマートフォンの種類は増えているものの、機種によって仕様が若干、異なっているそうです。そのため、開発会社が開発したアプリを検証するには、高価な端末を複数購入して作業する必要があるなど、金銭面・作業面での開発会社の負荷が高まっているため、今回、こうしたサービスを提供することにしたようです。
《木村英彦》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら