不景気の影響強く・・・米国ホリデーシーズンの購買意欲は低調 | GameBusiness.jp

不景気の影響強く・・・米国ホリデーシーズンの購買意欲は低調

その他 その他

まだまだ世の中は不景気、ということのようです。

米国の調査会社NPDグループは、今年ホリデーシーズンの販売予測を発表しています。

これはホリデーシーズンの買い物に関する意識調査で、「昨年より多くお金を使う予定がある」と答えた人は昨年の11%から9%にダウンしています。

■「ホリデーシーズンに買おうと思うプレゼント」トップ10(NPD調べ、( )内は去年の数値)
1:衣類42%(49%)
2:玩具32%(34%)
3:映画/DVD24%(29%)
4:本23%(28%)
5:TVや携帯、コンピューターなど電気製品16%(24%)
6:バッグや時計などアクセサリー16%(22%)
7:ゲーム機15%(20%)
8:食料品15%(18%)
9:音楽14%(21%)
10:香水13%(19%)

ゲームは今年7位で20%→15%という急落。
他には電気製品、アクセサリー、DVD、音楽といった品目が大きくパーセンテージを減じています。

消費者の33%はプレゼントを買う前にインターネットで価格を比較、主要な検討項目が価格であるという人が60%・・・と倹約志向が顕著。

「今年の問題は市場に新しさと興奮が欠如していることである」と同社のアナリストであるMarshal Cohen氏は結論しています。

ゲーム部門に関しては、ニンテンドー3DSも発売される来年のホリデーシーズンに期待といったところでしょうか。
《水口真》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら