mixiがスマートフォン向けオープンアプリ公開、海外大手SNSとの提携も | GameBusiness.jp

mixiがスマートフォン向けオープンアプリ公開、海外大手SNSとの提携も

ミクシィは本日開催した「mixi meetup 2010」においてmixiプラットフォームの今後の展望について明らかにしました。

その他 その他
ミクシィは本日開催した「mixi meetup 2010」においてmixiプラットフォームの今後の展望について明らかにしました。

まず本日より「mixiアプリ」のスマートフォン版を公開。スマートフォンサイト「mixi Touch」にてゲームやアプリを楽しめるようになります。第一弾として『まちつく!』(ウノウ)、『キャバウォーズ☆恋してセレブ』(Gumi)、『マイミク通信簿』(空飛ぶ)など7社9タイトルが公開されています。本日より法人パートナーに対して実行環境と技術仕様の公開も行われています。

また、数日前から一部のパートナー向けに開放されていた「mixiチェックボタン」および「Simple Post」が一般に公開されました。mixi Developer Centerに登録することで利用できます(個人含)。mixiチェックボタンは、いわゆるfacebookの「いいね」ボタンと同等で、気に入った外部のサイトの記事などをチェックし、マイミクと共有できます。Simple Postは外部サイトからつぶやき、日記、カレンダーの投稿を実現する仕組みです。

さらに法人パートナー向けには外部メディアや家電や情報端末などでmixiのソーシャルグラフが利用できる「mixi Graph API」も公開されています。これまでmixiアプリで提供されていたPeople API、People lookup API、Groups API、Voice API、Updates APIが外部からも利用できるようになります。

これらの施策に加えて、mixiでは海外展開を見据えて、中国No.1のSNS「Renren」を展開するak Pacific Interactive社、韓国No.1のSNS「Cyworld」を展開するSK Communications社と業務提携。ソーシャルプラットフォームの共通化を進め、SAPが容易に3プラットフォームで提供できる仕組みを整えるとのことです。欧米を初めとするその他の地域SNS業者とも協議を進めているとのこと。

GameBusiness.jpでもmixiチェックボタンを導入してみました。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら