発表から13年、『Duke Nukem Forever』が遂に完成へ? | GameBusiness.jp

発表から13年、『Duke Nukem Forever』が遂に完成へ?

その他 その他

Gearbox Softwareは、『Duke Nukem Forever』がいよいよ「仕上げ」の段階に入ったと発表しました。テイク2の2K Gamesブランドで登場する予定です。
  • Gearbox Softwareは、『Duke Nukem Forever』がいよいよ「仕上げ」の段階に入ったと発表しました。テイク2の2K Gamesブランドで登場する予定です。
Gearbox Softwareは、『Duke Nukem Forever』がいよいよ「仕上げ」の段階に入ったと発表しました。テイク2の2K Gamesブランドで登場する予定です。

奇怪な物語の主人公である『Duke Nukem Forever』は、1996年に3D Realmsが発売したFPS『Duke Nukem 3D』の続編。1997年には発表されたのですが、延期に次ぐ延期で「ベーパーウェア」(発売される見込みのないソフトウェア)の代表格とも揶揄されるようになりました。2007年にティザームービーが公開されると待ち侘びる声が上がりますが、なんと3D Realmsが2009年に倒産してしまいます。

しかし、『Boarderlands』で知られるGearbox Softwareが権利を購入。「3D Realmsはゲームを完成させられなかったものの、多くのコンテンツが既に制作されていました」として2009年末から自社で開発を進めてきました。

そして遂に「仕上げの段階」に入ったとのこと。ただし、実際の発売は「2011年」ということで、早くも「怪しいのでは?」という声も挙がっているようです。

本日から米国で開催されているPenny Arcafe Expoでは初めて一般にプレイアブル公開されているとのこと。

機種はPS3/Xbox 360/PCが予定されています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら