ソニーエリクソンがAndroid 3.0搭載のPSP go型スマートフォンを開発中とEngadget報じる | GameBusiness.jp

ソニーエリクソンがAndroid 3.0搭載のPSP go型スマートフォンを開発中とEngadget報じる

その他 その他

後継機PSP 2や多機能情報端末などの開発が以前から噂されるソニーですが、新たにソニーエリクソンがAndroid 3.0 OSを搭載したPSP go型スマートフォンの開発に取り組んでいるとの情報が海外で報じられています。

以下、Engadgetが信頼できるソースから入手したという新デバイスの詳細。

* 本体デザインはSamsungのCaptivateとPSP goの中間

* スライドスクリーンの下に一般的なQWERTYキーボードと十字キー

* PSPのアナログスパッドの代わりに“長いタッチパッド”

* PSPと同じボタンとL・Rキー

* WVGA以上の解像度を持つ3.7〜4.1インチのディスプレイ

* 5メガピクセルのカメラ(おそらく製品版では変更になる)

* 1GHzのSnapdragon CPU

* カラーは黒を基調にシルバーのハイライト、ゲームボタン周辺は白とシルバー

* 現在はXperiaブランドとして扱われているがPlayStationブランドも同時に備えると見られる

* デバイスを目にした人いわく「かなりセクシー」

* OSはGingerbread(Android 3.0)を搭載

* Androidマーケットにゲーム専用の新たなエリアが登場する

* このエリアは必要環境を満たしたAndroidフォンしかアクセスできない

* ゲームのグラフィックはPS1やPSPの範囲

* 現在はPS1やPSPの旧作タイトルが展示されていた

* God of War、Call of Duty: Modern Warfare、LittleBigPlanetが用意される可能性も

* 将来は3DゲーミングやAR機能も計画

* デバイスは10月初旬にも公開の可能性があるかまだ未確認

Engadgetではこれらの噂を基に作成したモックアップ画像も掲載されているので気になる方はチェックしておきましょう。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら