ディズニー、ソーシャルゲーム大手Playdomを7億ドルで買収 | GameBusiness.jp

ディズニー、ソーシャルゲーム大手Playdomを7億ドルで買収

その他 その他

先日より噂されていましたが、ウォルト・ディズニーカンパニーは、ソーシャルゲーム大手のPlaydomを総額7億6320万ドル(約670億円)で買収したと発表しました。

PlaydomはFacebook(3位)、MySpace(1位)などのSNSに向けてソーシャルゲームを提供する大手企業で、『Social City』『Sorority Life』といったゲームを提供してきました。

SNSのユーザーを対象としたソーシャルゲームは有望な市場と考えられ、急成長する企業も現れていますが、Facebookのユーザー数で2位のPlayFishをゲーム大手のエレクトロニック・アーツが買収したのに続いて、3位のPlaydomもディズニーというメディア大手が買収となりました。1位のZyngaにはソフトバンクなどが出資しています。

ディズニーはゲームを含めデジタルメディア事業を強化していて、自社でもコミュニティを持ちソーシャルゲームを提供中です。Playdomを買収することによってFacebookやMySpaceで大きな地位を占めると共に、月間数千万人規模のゲーム構築ノウハウを手に入れる事になります。

Playdomは2008年の創業。積極的に資金調達を行ない、買収を通じて15のスタジオを傘下に抱えます。ディズニーによる株式の取得金額は5億6320万ドルで、残りの2億ドルは買収後のパフォーマンスに応じて支払われます。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら