Google、Zyngaに1〜2億ドルを出資・・・独自ゲームサイトを準備中 | GameBusiness.jp

Google、Zyngaに1〜2億ドルを出資・・・独自ゲームサイトを準備中

TechCrunchは、Googleがソーシャルゲーム最大手Zyngaに1〜2億ドルを秘密裏に出資済みで、共同で独自のゲームサイトの立ち上げを計画していると複数の関係者からの証言で伝えています。出資は先月で、具体的な提携内容は詰めている段階だということです。

その他 その他
TechCrunchは、Googleがソーシャルゲーム最大手Zyngaに1〜2億ドルを秘密裏に出資済みで、共同で独自のゲームサイトの立ち上げを計画していると複数の関係者からの証言で伝えています。出資は先月で、具体的な提携内容は詰めている段階だということです。

Zyngaは先月にもソフトバンクキャピタルから1億5000万ドルを調達したほか、昨年も1億8000万ドルをDigital Sky Technologies、Tiger Global、Institutional Venture Partners、Andreessen Horowitzなどから調達しています。

TechCrunchによれば出資はGoogle本体からで、Zyngaと組みGoogle Gamesを年末にも立ち上げる計画。Google GamesではZyngaのゲームが遊べるだけでなく、GoolgeのIDを持った世界の数億のユーザーがソーシャルグラフを基に体験を広げて行く場になるとのこと。

また、Zyngaは決済のオプションとしてPayPalをプライマリーで提示してきましたが、今後はGoogleのGoogle Checkoutに置き換えられるとのこと。

ZyngaはFacebook向けのソーシャルゲームで急成長し、戦略的なパートナーシップを結んでいる一方、Facebookへの依存を低下させようと躍起になっています。5月末にはヤフーと提携し、ゲームを提供すると発表していますが、Googleとの提携も、ソーシャルグラフを保有する巨大ポータルをこの分野に誘い込み、Facebook一強を防ぐ狙いがありそうです。ZyngaはMSNとも提携しています。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら