ソーシャルゲーム大手Playdom、同業のHive7.comを買収 | GameBusiness.jp

ソーシャルゲーム大手Playdom、同業のHive7.comを買収

その他 その他

主にMySpace向けにゲームを展開するソーシャルゲームメーカーのPlaydomは、同業で米国カリフォルニア州Palo Altoに拠点を置くHive7.comを買収すると発表しました。この所、トップのZyngaや2位のPlaydomを中心に中堅メーカーの買収が相次いでいます。

Hive7.comは2005年に創業。Facebook、MySpace、Beboなどに『Knighthood』『Youtopia』『Kick-Off』『Sindicate』といったタイトルをリリースしてきました。今後はPlaydomと同じくマウンテンビュー(ここにはアップルの本社も)に移転して、次なるタイトルの開発に着手するとのこと。

買収金額は明らかにされていません。Playdomは過去4カ月に既に4社を買収していて、これで5社目。先週には約30億円を新たに調達しています。多くのベンチャー企業が参入しているソーシャルゲームですが、勝ち組による寡占化が進んでいくのでしょうか。

PlaydomのJohn Pleasants CEOは「我々のスタジオは強固に構築されていて、Hive7のようなスタートアップが加わったとしても混乱を生じる事はありません。我々のイノベーティブなセントラルサービスやビジネス開発機能と結びつくことでHive7は更に深く人々を楽しませるゲームの開発に集中することができるでしょう」と述べています。

ソーシャルゲームは家庭用ゲーム機などと比較して開発の初期コストが抑えられるため、ベンチャーによる参入が活発な一方、常に改善のサイクルを回していくノウハウやデータの蓄積が、既に成功している企業への求心力になるとも指摘されています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら