InsomniacがEAと独占契約、マルチプラットフォームの新作を投入 | GameBusiness.jp

InsomniacがEAと独占契約、マルチプラットフォームの新作を投入

その他 その他

米国の開発スタジオInsomniac Gamesは、エレクトロニック・アーツのEA Partnersと独占契約を結び、PS3とXbox 360のマルチプラットフォームでオリジナルブランドの新作ゲームを制作すると発表しました。

初代PS1時代から始まり、過去16年間に渡ってPlayStationプラットフォームで『ラチェット&クランク』、『Spyro the Dragon』、『Resistance』といった人気シリーズを生み出してきた同スタジオですが、代表であるTed Price氏によると、より多くのプレイヤーにゲームを楽しんでほしいとの意向から決断をしたようです。

今回制作が発表されたマルチプラットフォーム作品に関する情報は、新たな世界を描くオリジナルタイトルになるという以外まだ一切明かされておらず、来月のE3 Expo 2010でも公開の予定はないとのこと。

Price氏は、InsomniacとSony Computer Entertainmentとの強い関係は今後も変わらないと伝えており、PS3専用プロジェクトの開発もこれまで通り続けていくと強調しました。

尚、EA Partnersプログラムには、Left 4 DeadのValve、CrysisのCrytek、BulletstormのEpic Games、元Infinity Ward幹部の設立したRespawn Entertainmentなど、一流のデベロッパーが契約しています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら