スクウェア・エニックス、海外タイトルレーベル「SQUARE ENIX EXTREME EDGES」を立ち上げ | GameBusiness.jp

スクウェア・エニックス、海外タイトルレーベル「SQUARE ENIX EXTREME EDGES」を立ち上げ

その他 その他

スクウェア・エニックスは、海外ゲームタイトル専用レーベル「SQUARE ENIX EXTREME EDGES」(エクストリームエッジ)を立ち上げると発表、第一弾として『スプリームコマンダー2』(Gas Powered Games)、『ケイン アンド リッチ2 ドッグ・デイズ』(アイドス)を予定します。

スクウェア・エニックスでは英国アイドスを買収したほか、アクティビジョンと提携し、『コール・オブ・デューティ モダン・ウォーフェア2』を国内で発売しています。加えて、ディズニーとは販売面で提携しています。

「SQUARE ENIX EXTREME EDGES」ではアイドスやアクティビジョンに限らず、最先端で高品質な海外ゲームタイトルを厳選して販売するとのこと。

上記の3タイトルのほか、『シンギュラリティ』(アクティビジョン)、『ブラーレーサーズ』(アクティビジョン)、『ジャストコーズ2』(Avalanche Studios)などがラインナップされています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら