PS3バージョンアップ、3D立体視ゲームに対応 | GameBusiness.jp

PS3バージョンアップ、3D立体視ゲームに対応

その他 その他

ソニー・コンピュータエンタテイメントは、4月22日よりプレイステーション3のファームウェアを3.30にアップデートしました。
  • ソニー・コンピュータエンタテイメントは、4月22日よりプレイステーション3のファームウェアを3.30にアップデートしました。
ソニー・コンピュータエンタテイメントは、4月22日よりプレイステーション3のファームウェアを3.30にアップデートしました。

バージョン3.30では、新たに3D立体視ゲームに対応。3D映像に対応したテレビとPS3をHDMIケーブルで接続することで利用可能になります。電源を入れた際に画面設定が表示されるそうです。

なお、現時点では3D立体視対応ソフトは発売されていません。近い将来発売されるのではと予想されます。

他にも「リモートプレイ設定」の「機器登録」で新たにパソコンが選べるようになりました。今後発売されるVAIOでPS3のリモートプレイができるようになる予定です。詳しい詳細は5月に公開されるとのこと。

また「ビデオ設定」の「BD音声出力フォーマット(光デジタル)」設定で「ビットストリーム(ダイレクト)」「ビットストリーム(ミックス)」が新たに選べるようになりました。

細かい部分ではトロフィーの並べ替えが出来るように。今までは任意で並べ替えることが出来ませんでしたが、これからはお好みで設定できます。なお、未獲得トロフィーの表示が「???」から「隠しトロフィー」に変更。名称のみ変更で機能面では同じようです。
《古谷正人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら