CEDEC 2010、講演者の募集がスタート | GameBusiness.jp

CEDEC 2010、講演者の募集がスタート

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、8月31日〜9日2日の会期でパシフィコ横浜にて開催するゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2010」の講演者の募集を開始しました。

その他 その他
CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、8月31日〜9日2日の会期でパシフィコ横浜にて開催するゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2010」の講演者の募集を開始しました。

CEDECはゲーム産業全体の技術力向上を目的に毎年開催されているもので、特に昨年から規模を拡大し、152セッション、国内外から約200人の講演者が登壇しました。今回は通常のセッションに加えて、従来のコマの1/3の時間のショートセッション(20分)やポスター展示の講演枠が追加されています。60分のセッション、パネルディスカッション、ラウンドテーブルに加え、様々なスタイルで適した講演が期待できそうです。

プログラムは公募を受け、CEDEC組織委員会 プログラム委員会やアドバイザリーボードでの審査を経て、PG (プログラミング), VA (ビジュアルアーツ), GD (ゲームデザイン), SND (サウンド), NW (オンライン), PD (プロデュース), MB (モバイル), BM (ビジネス&マネジメント), AC (アカデミック), BoF (Birds of Feather; 新分野), SP (特別分野; ノン ジャンル)のジャンルに分類され行われます。

プログラムに採択されると、全ての講演に参加できるパスを3名分無償で提供されるほか、講演者限定パーティも用意されます。また、採択に至らない場合でも、基調講演の優先入場やパスのCESA会員価格での提供などが用意されます。

前回の講演者からは、「発表に際し、これまでの経験をまとめる作業により、自身の強みや今後への課題が明確になった」「交流のない他社の方とも話ができ刺激を受けた」「自分の専門分野以外の内容も聴講でき有意義だった」といった感想が寄せられているということで、興味のある方はぜひ応募要項をご確認ください。

GameBusiness.jpでは本年もCEDECを全力でレポートしていく予定です。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら