サウンドのニュース記事一覧 | ゲーム開発 | GameBusiness.jp

ゲーム開発 サウンドニュース記事一覧

意外にも語られてこなかった『パワプロ』シリーズの音楽―そこに込められた“パワプロらしさ”をサウンドクリエイター・渡邊紀如に訊く 画像
ゲーム開発

意外にも語られてこなかった『パワプロ』シリーズの音楽―そこに込められた“パワプロらしさ”をサウンドクリエイター・渡邊紀如に訊く

シリーズ25周年を記念したオーケストラコンサートを目前に、「パワプロ」シリーズでサウンドクリエイターを務める渡邊紀如氏にお話を伺いました。

音声解析ミドルウェア「CRI ADX LipSync」提供開始!CRIWAREユーザーには無償提供 画像
ゲーム開発

音声解析ミドルウェア「CRI ADX LipSync」提供開始!CRIWAREユーザーには無償提供

CRI・ミドルウェアは、音声解析リップシンクミドルウェア『CRI ADX LipSync』の提供を11月29日より開始、その詳細な提供形態を公開しました。

テトリスエフェクトの感動的な音楽体験はいかにして作られたか?~Wwiseをフル活用したインタラクティブサウンドの構築【CEDEC 2019】 画像
ゲーム開発

テトリスエフェクトの感動的な音楽体験はいかにして作られたか?~Wwiseをフル活用したインタラクティブサウンドの構築【CEDEC 2019】PR

水口哲也氏率いるエンハンスが開発し海外メディアからも賞賛された『テトリスエフェクト』。CEDEC 2019では、その音楽的演出について同社の武藤昇氏が解説しました。Audiokinetic Wwiseを用いたサウンド構築のテクニックに迫ります。

CRIの楽曲解析ミドルウェア「BEATWIZ」に大型アップデート―高精度な自動採譜など実現 画像
ゲーム開発

CRIの楽曲解析ミドルウェア「BEATWIZ」に大型アップデート―高精度な自動採譜など実現

CRI・ミドルウェアの楽曲解析ミドルウェア「BEATWIZ(ビートウィズ)」が大型アップデートを実施。「高精度な自動採譜」「情感あふれる楽譜の出力」等の機能が新たに追加されました。

CRI、自然な口の動き方を自動生成するリップシンクミドルウェア「CRI ADX LipSync」をCEDECセッションにて紹介 画像
その他

CRI、自然な口の動き方を自動生成するリップシンクミドルウェア「CRI ADX LipSync」をCEDECセッションにて紹介

CRI・ミドルウェアは「CEDEC 2019」で音声データから自動で自然な口の動きを生成する音声解析リップシンクミドルウェア「CRI ADX LipSync」についてのセッションを行うと発表しました。

『テトリス エフェクト』の感動的なサウンド演出はいかにして生み出されたか?共感覚体験の創出を目指すエンハンスを支えるWwiseの技術 画像
ゲーム開発

『テトリス エフェクト』の感動的なサウンド演出はいかにして生み出されたか?共感覚体験の創出を目指すエンハンスを支えるWwiseの技術PR

『テトリス エフェクト』のサウンド演出を題材としながら、制作コンセプトやWwiseによる実装手法について、CEDEC 2019基調講演も務める水口哲也氏とサウンドディレクター武藤昇氏にそのこだわりと制作の裏側をお聞きしました。

名作『アクトレイザー』の全楽曲を完全楽譜化するKickstarterが開始!古代祐三氏本人が監修 画像
マネタイズ

名作『アクトレイザー』の全楽曲を完全楽譜化するKickstarterが開始!古代祐三氏本人が監修

本プロジェクトが達成された暁には今後も古代氏の他作品のスコア化を進めるとのこと。

サーヴァント総数240騎、音源数約40,000個!『FGO』のサウンドを支える「CRI ADX2」と効果音収録スタジオを初公開 画像
ゲーム開発

サーヴァント総数240騎、音源数約40,000個!『FGO』のサウンドを支える「CRI ADX2」と効果音収録スタジオを初公開PR

『FGO』のサウンドを形作るフォーリースタジオを本稿にて初公開。更に、ディライトワークス サウンド部にて活用されるミドルウェア「(*)CRI ADX2」の使用感を訊きました。

アーティスト、水口哲也氏が語るクリエイティビティの未来とゲームデザイナーの可能性―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第51回 画像
ゲーム開発

アーティスト、水口哲也氏が語るクリエイティビティの未来とゲームデザイナーの可能性―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第51回

ゲームにおける新境地を開拓を開拓してきた水口哲也氏にクリエイティビティの未来とゲームデザイナーの可能性を語っていただきました。

ゾンビのあの音は「野菜をかじる音」!『バイオハザード RE:2』サウンドデザイナーに訊いた「効果音」制作の極意【NDC19】 画像
ゲーム開発

ゾンビのあの音は「野菜をかじる音」!『バイオハザード RE:2』サウンドデザイナーに訊いた「効果音」制作の極意【NDC19】

「NDC 19」で「最新技術が導き出す新たなホラー体験 ~バイオハザード RE:2の挑戦の数々~」セッションを行った『バイオハザード RE:2』サウンドプロダクション担当者へのインタビューをお届けします。

CRI、東京工科大学で「CRI ADX2」の実践演習を取り入れたゲーム開発授業を開講 画像
ゲーム開発

CRI、東京工科大学で「CRI ADX2」の実践演習を取り入れたゲーム開発授業を開講

CRI・ミドルウェアは、学校法人片柳学園 東京工科大学において、サウンドミドルウェア「CRI ADXR2」の実践演習を取り入れたゲーム開発の授業を開講することを発表しました。同学校のメディア学部の授業として開講し、CRI社員が講師を務めます。

CRI、企画からマルチ展開までサポートする「ゲーム開発支援ワンストップソリューション」にミドルウェアを提供 画像
ゲーム開発

CRI、企画からマルチ展開までサポートする「ゲーム開発支援ワンストップソリューション」にミドルウェアを提供

CRI、「ゲーム開発支援ワンストップソリューション」にミドルウェアの提供を行います。

CRI Sofdec2とOPTPiX imestaの併用で容量半分!『マギアレコード』の導入事例 画像
ゲーム開発

CRI Sofdec2とOPTPiX imestaの併用で容量半分!『マギアレコード』の導入事例PR

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』は2019年1月の大幅アップデートにおいて、アプリケーションサイズと転送量の大幅な削減に成功。その成功を陰ながら支えることができた CRI Sofdec(R)2 、OPTPiX imesta(R)7 の導入レポートをお送りいたします。

「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く 画像
ゲーム開発

「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊くPR

今回は、アトラスとINSPIONに、 『キャサリン』サウンドの目指したコンセプトと到達地点、そしてサウンド実装の根幹を 支えたミドルウェア「CRI ADX2」について訊いていきます。

作曲家 光田康典氏が『クロノ・クロス』20周年記念ライブツアー開催を発表 画像
その他

作曲家 光田康典氏が『クロノ・クロス』20周年記念ライブツアー開催を発表

『クロノ・トリガー』、『クロノ・クロス』、『ゼノギアス』、『ゼノブレイド2』など多くの作品で作曲を手掛けてきた光田康則氏は、Twitterにおいて『クロノクロス』発売20周年を記念したライブツアーの開催を発表しました。

SIEが「Wwise」のAudiokinetic買収、「プレイステーション」のさらなる価値向上のため 画像
ゲーム開発

SIEが「Wwise」のAudiokinetic買収、「プレイステーション」のさらなる価値向上のため

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、カナダのソフトウェア開発会社Audiokineticを買収したことを、本日2019年1月9日に発表しました。

『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ 画像
ゲーム開発

『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

『ファイナルファンタジー』シリーズをはじめとする多数のゲーム音楽を手がけたことで知られる作曲家の植松伸夫氏は、自身の公式ブログにて体調面の問題による活動の一時休止を明らかにしました。

ゲームの触覚デザインは誰が行うべき?触覚再現の最新研究とゲームにおけるデザイン例【CEDEC2018】 画像
ゲーム開発

ゲームの触覚デザインは誰が行うべき?触覚再現の最新研究とゲームにおけるデザイン例【CEDEC2018】

CEDEC2018にて、「ただのブルブルで終わらせないっ!ゲーム体験を拡張する触覚デザインのアプローチとサウンドデザインとの親和性」と題した講演が行われました。

開発陣に訊くサウンド面から支える『ミリシタ』の
ゲーム開発

開発陣に訊くサウンド面から支える『ミリシタ』の"新たな挑戦" ―歌い分け実現に恩恵をもたらした「CRI ADX2」PR

先日1周年を迎えたゲームアプリ『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』の根幹部分を支えるサウンドミドルウェア「CRI ADX2」実装部分について、バンダイナムコスタジオの開発陣にお話を伺いました。

Unreal Engineでもお馴染みのミドルウェアを! CRI・ミドルウェアのUR4向けの取り組み【GTMF 2018 東京】 画像
ゲーム開発

Unreal Engineでもお馴染みのミドルウェアを! CRI・ミドルウェアのUR4向けの取り組み【GTMF 2018 東京】

7月13日に東京・秋葉原UDXにおいて、ゲーム開発ツール・ミドルウェアのイベント『GTMF 2018 Tokyo』が開催されました。ここではCRIミドルウェアによるセッション「スマホもゲーム機も!CRIWARE×UE4 最新機能紹介」をレポートします。

  • 43件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ