英“国防・情報セキュリティ”関連企業BAEが、ゲーム『Arma』ベースの軍用シム開発メーカーを買収へ | GameBusiness.jp

英“国防・情報セキュリティ”関連企業BAEが、ゲーム『Arma』ベースの軍用シム開発メーカーを買収へ

買収金額は不明。

企業動向 戦略
英“国防・情報セキュリティ”関連企業BAEが、ゲーム『Arma』ベースの軍用シム開発メーカーを買収へ
  • 英“国防・情報セキュリティ”関連企業BAEが、ゲーム『Arma』ベースの軍用シム開発メーカーを買収へ
  • 英“国防・情報セキュリティ”関連企業BAEが、ゲーム『Arma』ベースの軍用シム開発メーカーを買収へ

イギリスの国防・情報セキュリティ関連企業BAE Systemsは、Bohemia Interactive Simulations(BISim)を買収する意向を正式発表しました。買収の具体的な金額は明らかにされていません。

BISimはアメリカ、イギリス、チェコ、オーストラリアなどに拠点を持つ、世界的軍事シミュレーションソフトウェアのトップ企業の1つで、コアゲーマーにとっては馴染み深い『Operation Flashpoint: Cold War Crisis』や『Arma』シリーズを手掛けてきたBohemia Interactiveの軍事用シム部門の子会社。『Arma』シリーズをベースにした軍事用シムを主力商品として知られています。

BISimが手掛ける軍事用シムの元である『Arma』シリーズは、戦場・戦闘のリアリティを重視した内容とその再現性の高さが評価されており、“現実の映像”としてニュースに使用されてしまうことも

買収が完了した時点で、BAE Systemsの顧客はBISimの製品へのアクセスが可能になるとのことです。なお、BISimが今後もBohemia Interactiveのゲーム作品をベースとした軍事用シムを手掛け続けることになるのかなどは明らかにされていません。

《稲川ゆき@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら