脳波測定で優秀なeスポーツ選手を育成!NOKが開発する『脳波測定器』とは? | GameBusiness.jp

脳波測定で優秀なeスポーツ選手を育成!NOKが開発する『脳波測定器』とは?

集中する脳を科学して、eスポーツの発展なるか!?

文化 eSports
脳波測定で優秀なeスポーツ選手を育成!NOKが開発する『脳波測定器』とは?
  • 脳波測定で優秀なeスポーツ選手を育成!NOKが開発する『脳波測定器』とは?
  • 脳波測定で優秀なeスポーツ選手を育成!NOKが開発する『脳波測定器』とは?
  • 脳波測定で優秀なeスポーツ選手を育成!NOKが開発する『脳波測定器』とは?
  • 脳波測定で優秀なeスポーツ選手を育成!NOKが開発する『脳波測定器』とは?

メディア・インフルエンサー向けの会場展示と、オンラインイベントの2段構えで行われた「東京ゲームショウ2021 オンライン」。様々なゲームの展示が並ぶ会場の一角には少し異質なブースの姿が……その名は『脳波測定器』NOK社が展開するゲーム関連製品です。

そもそもNOK社とは、自動車のオイルシーリングやパッキン、フレキシブル基盤といったゴム系製品を作る工業部品メーカー。「そんな会社がなぜゲーム業界に?」ということでお話を伺いました。

『脳波測定器』開発の始まりはNOK社が開発した導通性(金属のように電気を通す)ゴムを使用することで脳の電気信号を手軽に計測することが可能になったことから。ただ、脳波測定は主に医療用に使われており、一般的には全く使われていない技術。そこで、まずは医療以外の分野で脳波測定を活用できる分野を探したそうです。

そんな時に俎上に上ったのがゲーム分野。実際にゲームをプレイしながら脳波を計測すると、プレイ内容、例えば、ホッとしている時や満足感を感じた時に合わせて独特の脳波が計測されていることが分かりました。つまり、プレイ時に感じる曖昧な「感情」を脳波という客観視できる「数値」に置き換えられたわけです。

NOK社では、この技術を最も効果的に活用できる用途としてeスポーツ選手のマネジメント用に鋭意開発中です。eスポーツ中の「感情」を「数値」に置き換えられれば、逆境時にも冷静さを保った優秀な選手の発掘だけでなく、選手のタイプ診断や長所・短所の判定、好調・不調の判定といった今まで感覚や経験に頼ってきた選手マネジメントを科学的に行えると期待しています。

また、お話ではeスポーツ・ゲームで培った場面ごとのサンプルと脳波を分析することで、他の分野で脳波検出を効果的に活用する方法に繋げることも考えている、とのこと。最新の科学でeスポーツの発展なるか?技術発展を楽しみにしましょう!

なお、NOK社では、eスポーツチーム運営会社や選手マネジメント会社、大会運営会社、選手育成学校、アクセサリ製造メーカーなど、事業化のためのパートナーを募集中です。

《大塩@インサイド》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら