日本と世界の“差”とは?『VALORANT』Crazy Raccoon Fisker選手インタビュー | GameBusiness.jp

日本と世界の“差”とは?『VALORANT』Crazy Raccoon Fisker選手インタビュー

「VALORANT Champions Tour 2021: Stage 3 Masters - Berlin」で活躍を見せたCrazy Raccoon所属Fisker選手にインタビューを行いました。

文化 eSports
日本と世界の“差”とは?『VALORANT』Crazy Raccoon Fisker選手インタビュー
  • 日本と世界の“差”とは?『VALORANT』Crazy Raccoon Fisker選手インタビュー
  • 日本と世界の“差”とは?『VALORANT』Crazy Raccoon Fisker選手インタビュー
  • 日本と世界の“差”とは?『VALORANT』Crazy Raccoon Fisker選手インタビュー
  • 日本と世界の“差”とは?『VALORANT』Crazy Raccoon Fisker選手インタビュー

日本時間2021年9月10日(金)から9月20日(月)の10日間にわたりドイツ、ベルリンにて開催される「VALORANT Champions Tour 2021: Stage 3 Masters - Berlin」。日本地域からは、プロゲーミングチームZETA DIVISIONCrazy Raccoonの2チームが参加しています。

Crazy Raccoonの初戦はDay2、Gambit Esportsに2マップを通して獲得できたラウンドは2ラウンドと、大差での敗北を許しました。しかし、Day5に行われたHaven Liberty戦では日本チームとして初の世界大会での勝利を収め、再びGambit Esportsとの対戦を実現させました。

グループステージ突破を目指しリベンジマッチにかけるCrazy Raccoonは、ピストルラウンドの勝利やneth選手のクラッチを始め、自信に満ちた戦いを見せました。MAP2「アイスボックス」ではオーバータイムまで持ち込むも、マップスコア0-2で辛くも敗北。ベルリンでの旅を終えました。

この度編集部では、2回目のGambit Esports戦を終えた直後のFisker選手にインタビューを行いました。本稿ではこちらの模様をお届けします。


ーーよろしくお願いします。まずは本日の試合、お疲れ様でした。手に汗握る熱い展開が見られた試合でしたが、改めて本日の試合を終えての感想をお願いします。

Fisker選手 ありがとうございます。そうですね、本当に悔しい思いしかないです。

ーーGambit Esportsとの一度目の戦いと比べて、どのような変化がありましたか?

Fisker選手 一度目のGambit Esports戦はチーム全体的にとても緊張していて、自分たちのプレイや、用意してきたものがまったく出せなかった試合でした。今回の試合が自分たちの本来の姿であり、緊張もなく悔いのないように戦うことができました。

ーー実力を100%出し切ることはできたでしょうか?

Fisker選手 自分は出し切れていないです。まだまだいけると思います。撃ち合いもそうですが、自分に浅い部分がありました。今回の経験を生かして次の世界大会では100%の実力を出せたらと思います。

ーーade選手がインタビューで「Gambit Esports初戦後はコミュニケーションを重点的に練習した」と答えていましたが、修正・調整は上手くいきましたか?

Fisker選手 そうですね、ほとんどがコミュニケーション面の修正でしたが、口数を増やして、常にコミュニケーションを絶やさないことを徹底し、情報を共有しました。

ーー具体的にどのような情報を共有していたのでしょうか?

Fisker選手 どこにどのエージェントがいるか、どのスキルを使ったのかはもちろん、自分がどこを見ているか、上がる/下がるタイミングなど細かいところまですべてですね。

ーーベルリンでは他リージョンとのスクリムも実現したかと思います。日本リージョンとの違いなどは感じましたか?

Fisker選手 やはり戦術面です。エリアコントロールなどが丁寧で、戦術の合わせ方などもとても綺麗でした。

ーーそれらを上回るにはどのような練習や組み立てがチームとして必要でしょうか

Fisker選手 もちろんチームごとの癖を研究する必要がありますが、ゲーム理解度を更に高めることが重要です。大会の映像などから知識として得るほか、チーム内の話し合いから、場面ごとで対処する方法などの手札を増やしていけば世界でも戦っていけると思います。

ーーFisker選手自身、Crazy Raccoonへ移籍してからおよそ3ヶ月ですが、7名体制を取るチームへのフィット感や、環境の変化をどのように捉えていますか?

Fisker選手 とにかく練度を高めていくしかないですね。場数を踏んで問題点を修正していき、経験を重ね、チーム内ですり合わせていっています。Crazy Raccoonに入ってから自分のプレイスタイルは、チームプレイ重視なものに変わりました。個人のプレイやコミュニケーション面でも、チームにフィットしていると感じています。

ーー1マップ目「アセント」の序盤ではテクニカルポーズが何度か入る場面がありました。どのようにして過ごされましたか?

Fisker選手 みんなで顔芸をしたりとか、互いを見合ったりとかしています(笑)。自分はよく深呼吸をしています。

ーー難しいお話になりますが、Crazy RaccoonやZETA DIVISIONだけでなく、日本リージョン全体が世界で活躍するには、どういった考え方が大切でしょうか?

Fisker選手 そうですね、個人が自分にストイックに、常に向上心を持つことだと思います。韓国選手が良い例ですが、とてもストイックで、時間さえあれば常に練習や研究をしていて、全てをかけている姿勢がみられます。また、チーム内で何でも話せる仲の良さ、絆も大切です。

ーーみなさんでカメラ目線を送り続けるカメラパフォーマンスなどから、絆を感じます。

Fisker選手 くだらないことばっかしています(笑)。リラックスにも繋がります。

ーー最後に今回の「VCT Masters Stage3 ベルリン」全体の感想をお願いします。

Fisker選手 いろいろな戦い方や、強い著名なプレイヤーと戦うことができて、個人的にとても良い経験になりました。

ーー最後に、「VALORANT Champions 2021」に向けてFisker選手自身の目標はありますか?

Fisker選手 目標はもう一度Gambit Esportsと対戦して倒したいです。優勝を狙って、Championsにすべてをかけて練習していきたいと思います。

ーー今後のご活躍に期待しています。ありがとうございました。 


Crazy Raccoonの旅は幕を下ろしますが、再び開くことは既に決まっています。MASTERSベルリンでの結果をもって「VALORANT Champions 2021」への出場が決定したCrazy Raccoon。今回の悔しさと糧を武器に、さらなる飛躍に期待しましょう。

《Okano@インサイド》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら