Windows11発表!グラフィック、スピードなどゲーム機能を大幅強化―オートHDRやDirect Storageに対応 | GameBusiness.jp

Windows11発表!グラフィック、スピードなどゲーム機能を大幅強化―オートHDRやDirect Storageに対応

Windows 11のリリースは、2021年後半を予定。Windows 10ユーザーは無料でアップデート可能です。

企業動向 発表
Windows11発表!グラフィック、スピードなどゲーム機能を大幅強化―オートHDRやDirect Storageに対応
  • Windows11発表!グラフィック、スピードなどゲーム機能を大幅強化―オートHDRやDirect Storageに対応

マイクロソフトは次世代OSであるWindows 11を正式発表し、OS標準機能としてAndroidアプリがネイティブに実行されることを明らかにしました。またWindows 11では、優れたグラフィックス、驚異的な速度、膨大なセレクションなどゲーム機能が強化されるとしています。

Xbox Wireの「Windows 11: The Best Windows Ever for Gaming」によるとWindows11は、Xbox Series X|Sに導入されているオートHDRに対応。オートHDRはDirectX11以降に対応したゲームに適用され、SDR表示よりも優れた色や輝度などの映像表現が可能になります。

また、DirectStorageによりCPUに負荷をかけずグラフィックボードにアセットを読み込ませることができ、長いロード時間を必要としなくなるとのことです。DirectStorageはハードウェアだけでなく、新しいXboxワイヤレスコントローラーやキーボード、マウスなどもサポートしています。

Windows11にはXboxアプリを搭載。Xbox Game Passへのアクセスが以前より簡単になったとしています。これにより、Xbox Game Pass UltimateのユーザーはPCのブラウザ経由でXbox Cloud Gamingを体験できるのでエントリーレベルのデバイスでもXboxのタイトルをプレイできることや、先日発表したようにPCのXboxアプリにクラウドゲームを直接追加することが可能に。さらにクロスプレイやクロスセーブといった機能にも取り組んでいるとしています。

Windows 11のリリースは2021年後半を予定。Windows 10ユーザーは無料でアップデート可能です。

《HATA@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら