ソニーが大型情報発信イベント「PlayStation Experience」を復活か?米国特許商標庁に「PSX」が提出され話題に | GameBusiness.jp

ソニーが大型情報発信イベント「PlayStation Experience」を復活か?米国特許商標庁に「PSX」が提出され話題に

ソニーが米国特許商標庁に「PSX」のマークを提出したことから、大型情報発信イベント「PlayStation Experience」が復活するのでは?と話題になっています。

文化 その他
ソニーが大型情報発信イベント「PlayStation Experience」を復活か?米国特許商標庁に「PSX」が提出され話題に
  • ソニーが大型情報発信イベント「PlayStation Experience」を復活か?米国特許商標庁に「PSX」が提出され話題に

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、ソニー)が、大型情報発信イベント「PlayStation Experience(以下、PSX)」を復活させるかもしれない。海外メディア・MP1stが伝えています。


これは、ソニーが米国特許商標庁に「PSX」のマークを提出したことから話題に。本商標の識別情報によれば、「ビデオゲームの分野における展示会および会議の手配、開催、実施」、「ビデオゲームのプレイとニュースを特集したオンライン番組の手配と整理」などとされています。


前回の「PSX」は東南アジアで開催。2017年はマレーシアで、2018年はタイで開催されましたが、どちらも北米開催に比べて規模は控えめ。2018年の北米未開催を伝える際には、「期待度を上げておいて、結果を出さないということはしたくない。今後はSNSなどでの情報伝達をレベルアップさせたい」ともしていました。


昨今は「E3」の参加も取りやめ、「Summer Game Fest」や「State of Play」で情報を発信してきたソニーですが、果たして「PSX」は復活するのか。コロナ禍を考慮してのデジタル開催など、本商標提出による今後の展開に注目です。

《茶っプリン@インサイド》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら