E3 2022はオンラインとオフラインのハイブリッドに?主催団体の代表が語る今後のE3イベントのあり方 | GameBusiness.jp

E3 2022はオンラインとオフラインのハイブリッドに?主催団体の代表が語る今後のE3イベントのあり方

E3 2021は6月12日早朝よりついに開幕。

その他 イベント
E3 2022はオンラインとオフラインのハイブリッドに?主催団体の代表が語る今後のE3イベントのあり方
  • E3 2022はオンラインとオフラインのハイブリッドに?主催団体の代表が語る今後のE3イベントのあり方
  • E3 2022はオンラインとオフラインのハイブリッドに?主催団体の代表が語る今後のE3イベントのあり方

E3 2021の開催が目前に迫るなか、ESA(Entertainment Software Association)のCEOにより早くもE3 2022についての計画が語られました。


ESAのCEOであるStanley Pierre-Louis氏が海外メディアGameIndustry.bizに語ったところによると、2022年のE3を含む将来のE3イベントは、おそらくオンラインとオフラインが混在したものになるだろうとのこと。初の完全オンライン開催となる今年のE3 2021の機会を利用してフィードバックを得て、来年以降のE3イベントの運営に活かしていくユニークな機会であるとも語りました。


とはいえ現時点ではE3 2022計画が進んでいるわけではなく、いまは今年のE3 2021に注力し、出展者・メディア・ファンにとって素晴らしい体験になることを目指すといいます。


E3 2021はついに6月12日午前2時放送予定のプレショーをもって開幕。Game*Sparkでは、開催が目前に迫ったE3 2021およびSummer Game Festのスケジュールがひと目でわかる記事を掲載しています。ハードコアゲーマーな読者の皆様はぜひチェックしておきましょう。

《みお@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら