3万件以上の一斉BANが実施された『CoD: Warzone』BANされたアカウントの総数が50万以上に | GameBusiness.jp

3万件以上の一斉BANが実施された『CoD: Warzone』BANされたアカウントの総数が50万以上に

今後も不正行為確認した場合は個別対応や一斉BANを続けていくとのこと。

ゲーム開発 その他
3万件以上の一斉BANが実施された『CoD: Warzone』BANされたアカウントの総数が50万以上に
  • 3万件以上の一斉BANが実施された『CoD: Warzone』BANされたアカウントの総数が50万以上に

Raven Softwareは、基本プレイ無料バトルロイヤル『コール オブ デューティ ウォーゾーン』にて5月14日に3万件以上の一斉BANが実施され、BANされたアカウントの総数が50万以上となったことを明らかにしました


先月にも3万件以上の一斉BANが報告されていましたが、現在でもチーターとの戦いは続いているようです。スタッフは公式ブログにてチート対策の進捗状況を定期的に報告しており、すべてのプレイヤーに公平で楽しいゲーム体験を提供することを最優先事項として、不正行為防止に取り組んでいくと述べています。


『コール オブ デューティ ウォーゾーン』はPS4/Xbox One/Windows向けに基本プレイ無料で配信中です。

《三ツ矢@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら