『Duke Nukem』などの老舗パブリッシャーApogeeが復活へ―新作サバイバルゲーム『Residual』も発表 | GameBusiness.jp

『Duke Nukem』などの老舗パブリッシャーApogeeが復活へ―新作サバイバルゲーム『Residual』も発表

開発者向けに資金提供、マーケティングとPR、移植、QAとローカリゼーションなどを行っていくとのこと。

企業動向 発表
『Duke Nukem』などの老舗パブリッシャーApogeeが復活へ―新作サバイバルゲーム『Residual』も発表
  • 『Duke Nukem』などの老舗パブリッシャーApogeeが復活へ―新作サバイバルゲーム『Residual』も発表
  • 『Duke Nukem』などの老舗パブリッシャーApogeeが復活へ―新作サバイバルゲーム『Residual』も発表

『Duke Nukem』や『Commander Keen』などで知られたインディーパブリッシャーであるApogee Entertainmentは、活動を再始動することを発表しました。また、新作のサバイバルゲームである『Residual』を含む、Apogee Entertainmentが今後12か月の間に用意しているタイトルが配信映像「Apogee Showcase」にて発表されています。

なお、同社は、今後開発者向けに資金提供、マーケティングとPR、移植、QAとローカリゼーションなどを行っていくとのことです。

『Residual』は、PC(Steam)、ニンテンドースイッチ、PlayStationプラットフォーム、Xboxプラットフォーム向けに2021年秋リリース予定です。

《田上@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら