品薄続くPS5/XSX|S、スコットランドでは「ゲーム機の自動購入と転売」禁止法案が提出へ | GameBusiness.jp

品薄続くPS5/XSX|S、スコットランドでは「ゲーム機の自動購入と転売」禁止法案が提出へ

デジタル担当大臣はこの問題について「議論している」と回答。

産業政策 産業政策
PC Plus Magazine/Future/ゲッティイメージズ
  • PC Plus Magazine/Future/ゲッティイメージズ

発売から数ヶ月経つも今なお品薄状態となっているPlayStation 5とXbox Series X|S。スコットランドでは、国民党のDouglas Chapman氏が発売当初から問題となっている“転売行為”に関する法案を提出したことが明らかとなりました。

法案のタイトルは「Gaming Hardware (Automated Purchase and Resale) Bill 2019-21」で、オンライン小売業者が入荷したゲーム機をBotで自動購入し転売する行為を禁じるものとなっています。昨年11月にはある転売業者がBotを使用して3,500台近いPS5を確保したとの報告があがっていました。

Chapman氏は法案が可決される可能性は低いとしながらも、政府がこの問題について責任を持つことを強いるためにできる唯一の行動だと述べています。なお、同氏は12月にもメーカーの推奨小売価格を大幅に上回る価格でのゲーム機の転売を禁止する法案を提出していました。

デジタル・文化担当閣外大臣のCaroline Dinenage氏は自動化ボットを利用した大量購入が懸念事項であることを認識しているとし、さらなる措置を検討するとともに顧客の体験を向上させるため小売業者と協力していることを明らかにしています。

《RIKUSYO@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら