Ninja Theoryの対戦アリーナ『Bleeding Edge』コンテンツ更新を終了―開発中のプロジェクトに注力のため | GameBusiness.jp

Ninja Theoryの対戦アリーナ『Bleeding Edge』コンテンツ更新を終了―開発中のプロジェクトに注力のため

今後もオンラインプレイは可能です。

ゲーム開発 その他
Ninja Theoryの対戦アリーナ『Bleeding Edge』コンテンツ更新を終了―開発中のプロジェクトに注力のため
  • Ninja Theoryの対戦アリーナ『Bleeding Edge』コンテンツ更新を終了―開発中のプロジェクトに注力のため
  • Ninja Theoryの対戦アリーナ『Bleeding Edge』コンテンツ更新を終了―開発中のプロジェクトに注力のため
  • Ninja Theoryの対戦アリーナ『Bleeding Edge』コンテンツ更新を終了―開発中のプロジェクトに注力のため


Ninja Theoryは、オンライン対戦アリーナ『Bleeding Edge』について、今後のコンテンツ更新を行わないことを発表しました。現在発表されている3つの新規プロジェクトに注力するためとしています。


『Bleeding Edge』は、2020年3月にPC/Xbox One向けにリリースされた4対4のチーム対戦バトル。ミサイルに乗って敵陣へ突撃するなど、メカで武装したキャラクターたちによる個性的な戦闘スタイルが特徴です。本作は発売から4ヶ月後に新しいキャラクターとマップが追加されてから大きなアップデートが行われず、Steam版は最近半年間の平均プレイヤーが10人以下の状態でした。


同社は今後コンテンツの更新を行わず、発表済みのプロジェクト『Senuas Saga:Hellblade II』『Project: Mara』『The Insight Project』の開発へと注力。『Project: Mara』は先日デベロッパーダイアリーの第3弾映像を発表し、テクノロジーを含むグラフィックなどを公開しています。なお、3つのプロジェクトのリリース時期などは明らかにされていません。



『Bleeding Edge』所有者やサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」加入者は今後もオンラインプレイ可能です。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら