テンセントが『ライフ イズ ストレンジ』のDONTNOD Entertainmentの少数株式を3,000万ユーロで取得 | GameBusiness.jp

テンセントが『ライフ イズ ストレンジ』のDONTNOD Entertainmentの少数株式を3,000万ユーロで取得

資金はPC/コンソール/モバイルでのタイトル開発に使用されます。

企業動向 戦略
テンセントが『ライフ イズ ストレンジ』のDONTNOD Entertainmentの少数株式を3,000万ユーロで取得
  • テンセントが『ライフ イズ ストレンジ』のDONTNOD Entertainmentの少数株式を3,000万ユーロで取得
  • テンセントが『ライフ イズ ストレンジ』のDONTNOD Entertainmentの少数株式を3,000万ユーロで取得


ライフ イズ ストレンジ』『Tell Me Why』などで知られるフランスのデベロッパーDONTNOD Entertainmentは、自社の少数株式を中国のテンセントが取得したことを発表しました。


プレスリリースによると、テンセントによる株式取得の金額は3,000万ユーロ(約37億8千万円)。同社ではテンセントを含む4,000万ユーロの資金調達を目指し、PC/コンソール/モバイルでの自社パブリッシングタイトルの費用とするとしています。なお、今回の株式取得によりテンセントは同社の取締役会に参加できるようになります。


今回の株式取得によるパートナーシップ協定について、DONTNOD EntertainmentのCEOであるOskar Guilbert氏は「テンセントを投資家として迎えられることを喜ばしく思う」とコメント。これまでさまざまな企業への投資を行ってきたテンセントとパートナーシップを締結できたことで、今後中国を含むさらなるゲームの展開を望めるとしています。



テンセントは2020年に31社に対して買収や合併などを行っています。また、2021年1月には『Don't Starve』で知られるKlei Entertainmentの株式の過半数を取得したことを発表しています。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら