Google、ドライブ等一部サービスの容量超過や放置アカウントデータ削除へ―2023年6月から措置適応 | GameBusiness.jp

Google、ドライブ等一部サービスの容量超過や放置アカウントデータ削除へ―2023年6月から措置適応

「Googleドライブ」はPCゲーム用Modの配布場所としての利用も見られます。

企業動向 発表
Smith Collection/Gado/Archive Photos/ゲッティイメージズ
  • Smith Collection/Gado/Archive Photos/ゲッティイメージズ

Googleは「Googleドライブ」など一部サービスの容量超過や放置状態に2年以上置かれたアカウントのデータ削除を行う方針を発表しました。

これは2021年6月よりポリシーが適応され、「Googleドライブ」「Googleフォト」「Gmail」などに影響するもの。該当するサービスそれぞれにおいて、2年間利用しなかった場合、もしくは割り当て容量の超過状態が2年間続いた場合、データの削除が行われるとのことです。なお、サービスの削除の前にはアカウントに対し告知やデータのダウンロード対応も行われる予定です。告知通りに措置が実行された場合、最初の措置は2023年6月となります。

ゲーマーにとっては特に「Googleドライブ」が各種Modの配布所として使われているため、Mod作者が完全に音信不通状態にある場合や、大容量Modによる容量超過が起こっていた場合などにデータの削除の影響を受ける場合が考えられる形です。

《Arkblade@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら