『DEATHLOOP』『Ghostwire:Tokyo』のPS5独占は尊重とフィル・スペンサー氏語る―今後のベセスダのゲームに関してはケースバイケース | GameBusiness.jp

『DEATHLOOP』『Ghostwire:Tokyo』のPS5独占は尊重とフィル・スペンサー氏語る―今後のベセスダのゲームに関してはケースバイケース

コンソール版『DEATHLOOP』『Ghostwire: Tokyo』はPS5独占販売が尊重されるとPhil Spencer氏が語りました。

企業動向 戦略
『DEATHLOOP』『Ghostwire:Tokyo』のPS5独占は尊重とフィル・スペンサー氏語る―今後のベセスダのゲームに関してはケースバイケース
  • 『DEATHLOOP』『Ghostwire:Tokyo』のPS5独占は尊重とフィル・スペンサー氏語る―今後のベセスダのゲームに関してはケースバイケース
  • 『DEATHLOOP』『Ghostwire:Tokyo』のPS5独占は尊重とフィル・スペンサー氏語る―今後のベセスダのゲームに関してはケースバイケース
  • 『DEATHLOOP』『Ghostwire:Tokyo』のPS5独占は尊重とフィル・スペンサー氏語る―今後のベセスダのゲームに関してはケースバイケース

マイクロソフトがベセスダ・ソフトワークスの親会社ZeniMax Mediaを買収する契約が発表され、コンソール版がPS5独占と発表されている『DEATHLOOP』『Ghostwire: Tokyo』の扱いに注目が集まっていましたが、MicrosoftのXbox部門代表であるフィル・スペンサー氏が、Bloomberg Newsの記者に、『DEATHLOOP』と『Ghostwire: Tokyo』のPS5独占については尊重すると語ったことがわかりました。

『DEATHLOOP』は2020年ホリデーシーズンにPC/PS5で、『Ghostwire: Tokyo』は2021年にPC/PS5で発売予定で、コンソールにおいては、PS5での独占販売になることが発表されていました。

なお、今後のベセスダ・ソフトワークスのゲームについては、Xbox/PCで発売される予定とし、ほかのコンソールは「ケースバイケース」と語ったとされています。

※UPDATE(2020/9/22 1:58):文言の重複を修正し、再公開しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。
《H.Laameche@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら