『Halo Infinite』の共同開発としてSperasoftの参加が明らかに―SkyBox Labsに続く2社目 | GameBusiness.jp

『Halo Infinite』の共同開発としてSperasoftの参加が明らかに―SkyBox Labsに続く2社目

『アサシン クリード オデッセイ』や『Anthem』などに関わった経験豊富なデベロッパーです。

ゲーム開発 その他
『Halo Infinite』の共同開発としてSperasoftの参加が明らかに―SkyBox Labsに続く2社目
  • 『Halo Infinite』の共同開発としてSperasoftの参加が明らかに―SkyBox Labsに続く2社目
  • 『Halo Infinite』の共同開発としてSperasoftの参加が明らかに―SkyBox Labsに続く2社目

Sperasoftは、343 Industriesが開発中の『Halo Infinite』に共同開発として関与していることを公式サイトにて発表しました。

本作の開発協力としては、これまでSkyBox Labsが参加していることが知られていました。今回Sperasoftが開発に協力していることを明らかにしたことで、判明している範囲では2社目の共同開発元となります。

Sperasoftは16年以上にわたって大型タイトルの開発に関わってきた共同開発を専門とするデベロッパーで、『アサシン クリード オデッセイ』『Anthem』『Mass Effect: Andromeda』『レインボーシックス シージ』などの実績があります。

同社のCCOであるDenis Larkin氏は「世界で最も有名なFPSシリーズに貢献し、『Halo』フランチャイズの次世代をサポートすることは名誉なことです。開発チームは期待の新作『Halo Infinite』における343 Industriesとのコラボレーションにわくわくしています」と述べています。

『Halo Infinite』はXbox Series X/Xbox One/Windows 10向けに2020年ホリデーシーズンに発売予定です。
《いわし@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら