荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本でのDL数が8.9万本突破し売上は約2.1億円以上に | GameBusiness.jp

荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本でのDL数が8.9万本突破し売上は約2.1億円以上に

正式リリースから約2年が経過しての成果です。

市場 市場動向
荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本でのDL数が8.9万本突破し売上は約2.1億円以上に
  • 荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本でのDL数が8.9万本突破し売上は約2.1億円以上に
  • 荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本でのDL数が8.9万本突破し売上は約2.1億円以上に

英メディアBusiness Leaderは、Lo-Fi Games開発のオープンワールドRPG『Kenshi』の日本でのダウンロード数が8.9万本以上で、売り上げは150万ポンド(約2.1億円)を超えることを明らかにしました。

本作は2018年12月にWindows向けに正式リリースされたオープンワールドRPG。記事執筆時点には続編の開発も進められています。

公開された記事によると、本作の日本でのダウンロード数は8.9万本を超えており、売り上げ額は150万ポンド(約2.1億円)以上であるとのこと。またディレクターのNatalie Hunt氏は同記事内において「リニアなコンソールゲームがより浸透している日本において『Kenshi』はユニークな存在」であることや「日本での成功は韓国や中国へも波及した」と述べています。

『Kenshi』はWindows向けにSteam/GOG.comにて配信中です。
《いわし@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら