香川県議会が弁護士会の「ネット・ゲーム依存症対策条例」廃止を求める声明に対し見解を発表―「廃止については理由がない」 | GameBusiness.jp

香川県議会が弁護士会の「ネット・ゲーム依存症対策条例」廃止を求める声明に対し見解を発表―「廃止については理由がない」

香川県議会が香川県弁護士会の「ネット・ゲーム依存症対策条例」に対する会長声明に対して見解を発表。

産業政策 政治
香川県議会が弁護士会の「ネット・ゲーム依存症対策条例」廃止を求める声明に対し見解を発表―「廃止については理由がない」
  • 香川県議会が弁護士会の「ネット・ゲーム依存症対策条例」廃止を求める声明に対し見解を発表―「廃止については理由がない」
  • 香川県議会が弁護士会の「ネット・ゲーム依存症対策条例」廃止を求める声明に対し見解を発表―「廃止については理由がない」

香川県議会は、5月25日に香川県弁護士会が公開した「ネット・ゲーム依存症対策条例」に対する廃止や一部項目の削除を求める会長声明に対して、見解を発表しました。

発表された見解の趣旨においては、弁護士会が求めた条例の廃止および条例18条2項の即時削除に対して「理由がない」と主張。条例の立法事実や子供の権利条約との関係などに関して正当性を説きました。その上で、本条例はインターネットやゲームを否定したり、子供の人権の侵害や教育への過度な干渉を意図したものではなく、弁護士会の声明における批判は当たらないとしています。

見解の全文は、こちらのページにてPDFで公開されています。
《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら