Xbox Series X「発売日に最高のクオリティで数千のゲームがプレイ可能」―公式サイトで新技術を生かした下位互換性について投稿 | GameBusiness.jp

Xbox Series X「発売日に最高のクオリティで数千のゲームがプレイ可能」―公式サイトで新技術を生かした下位互換性について投稿

初代XboxのタイトルにもHDRサポートが行われるなど、さまざまな技術について説明されています。

ゲーム開発 その他
Xbox Series X「発売日に最高のクオリティで数千のゲームがプレイ可能」―公式サイトで新技術を生かした下位互換性について投稿
  • Xbox Series X「発売日に最高のクオリティで数千のゲームがプレイ可能」―公式サイトで新技術を生かした下位互換性について投稿
  • Xbox Series X「発売日に最高のクオリティで数千のゲームがプレイ可能」―公式サイトで新技術を生かした下位互換性について投稿

マイクロソフトはXbox公式情報サイト「Xbox Wire」を更新し、Xbox Series Xにおけるゲームの下位互換性についての情報を発表しました。

Xbox Series Xでプログラムマネジメントのマネージャーを務めるJason Ronald氏の投稿によると、同機は「発売時にXbox4世代で発売されたゲームを最高の状態で遊べること」を可能とすることを目標に設計。「最も強力で互換性のあるコンソール」を作り出すために、専用のXbox OSやシステムを独自に作り上げることが必要だったことなどの技術解説も行われています。同社で10万時間以上かけて行われているテストプレイでは、ヒット作からカルトなクラシック作品まで何千ものゲームの稼働を確認しているようです。

また、下位互換性のあるゲームの起動に関して同氏は「これまで以上のクオリティを持ったプレイが可能」としています。すべてのゲームは同機が持つCPU、GPU、SSDのすべての性能をフル活用した状態で実行されるため、発売当時のハードよりもはるかに高いパフォーマンスでゲームが再生されるということです。一部タイトルにはフレームレートが30fpsから60fps、または60fpsから120fpsに倍増する「革新的な変化」も起こりうるようです。

さらにXbox Advanced Technology Groupとの提携によるプラットフォーム側がソフトにHDRサポートを与える新技術についても紹介。この技術により、ゲームのパフォーマンスを低下させないサポートが可能になるほか、当時まだその技術が存在していなかった初代XboxにもHDRサポートを行うことが可能です。また、同機の新機能となる「クイックレジューム(複数ゲームの進行状況をそのまま保存・再生するもの)」が下位互換タイトルにも適用されることが明らかになっています。
《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら