レイオフが発生していた『System Shock 3』サイトのドメインがテンセントへ移行したことが明らかに | GameBusiness.jp

レイオフが発生していた『System Shock 3』サイトのドメインがテンセントへ移行したことが明らかに

『System Shock 3』のドメインの所有権が、OtherSide Entertainmentから中国のTencentへと移行したことが判明しました。

市場 IP
レイオフが発生していた『System Shock 3』サイトのドメインがテンセントへ移行したことが明らかに
  • レイオフが発生していた『System Shock 3』サイトのドメインがテンセントへ移行したことが明らかに
  • レイオフが発生していた『System Shock 3』サイトのドメインがテンセントへ移行したことが明らかに

2月に開発者のレイオフが伝えられていた、『System Shock 3』のウェブサイトのドメインの所有権が、中国のTencentへ移行していたことが明らかになりました。

海外メディアVGCの5月18日の報道によれば、独自の調査により「SystemShock3.com」「SystemShock4.com」の2つのドメインが、『System Shock 3』を開発していたOtherSide Entertainmentから、中国のTencentへと移行したことが判明。

『System Shock』の生みの親にして、『ウルティマ』シリーズや『デウスエクス』を手掛けたWarren Spector氏がOtherSide Entertainmentで開発を率いていた最新作となる『3』ですが、今年2月の時点で、過去数か月にわたり開発者のレイオフが行われてきたことが明らかとなっており、開発の進捗が危ぶまれていました。

2015年に発表された『System Shock 3』は、2017年にスウェーデンのStarbreeze Studiosがパブリッシングを行うことが決定していたものの、Starbreezeはその後『Overkill’s The Walking Dead』の不振を経て、2018年12月に裁判所へ経営再建を申請。2019年2月には再びOtherSide Entertainmentが権利を買い戻しています。


『System Shock 3』に関する続報は公式サイトTwitter共に2020年に入っても途絶えたままですが、中国の巨大企業であるTencentの息が掛かったことが報道の通りであれば、新たな情報がもたらされるのも近いかもしれません。
《technocchi@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら