ベセスダが新型コロナウイルスに苦しむ人々のために慈善団体へ100万ドルを寄付 | GameBusiness.jp

ベセスダが新型コロナウイルスに苦しむ人々のために慈善団体へ100万ドルを寄付

併せて#BethesdaAtHomeキャンペーンも実施中。

文化 寄付
ベセスダが新型コロナウイルスに苦しむ人々のために慈善団体へ100万ドルを寄付
  • ベセスダが新型コロナウイルスに苦しむ人々のために慈善団体へ100万ドルを寄付
  • ベセスダが新型コロナウイルスに苦しむ人々のために慈善団体へ100万ドルを寄付

ベセスダ・ソフトワークスは、新型コロナウイルス(COVID-19)の救援活動に深く関わっている様々な慈善団体に、100万ドルの寄付を行ったことを発表しました。

寄付総額のうち50万ドルは、新型コロナウイルスに対応する医療従事者に個人用保護具と必須医療品を提供するDirect Reliefに寄付され、25万ドルは世界中の子供たちとその家族の安全と保護のために活動する国際連合児童基金(UNICEF)に送られます。さらに残りの25万ドルは、ベセスダが活動している地域の、新型コロナウイルスに関わる救援活動のために寄付されるとのことです。

このほかに同社は、自宅にいながらでも世界中のファンやゲーマー、そして地域社会と繋がることを目的とした#BethesdaAtHomeキャンペーンを実施中。ライブ配信を通じて、ユーザーに支援活動をサポートしてもらう企画などを行っています。
《Fryingpolyp@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら