PS5用新コントローラーの外観が公開―名称は“DualSense”に | GameBusiness.jp

PS5用新コントローラーの外観が公開―名称は“DualSense”に

現行のDUALSHOCK 4から大きくデザインが変化。使い心地が気になります。

ゲーム開発 その他
PS5用新コントローラーの外観が公開―名称は“DualSense”に
  • PS5用新コントローラーの外観が公開―名称は“DualSense”に
  • PS5用新コントローラーの外観が公開―名称は“DualSense”に
  • PS5用新コントローラーの外観が公開―名称は“DualSense”に

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、年末商戦期に発売を予定しているPlayStation 5(PS5)の発売に先駆け、PS5用新ワイヤレスコントローラー「DualSense」の外観および主要な機能を、PS.Blogにて公開しました


「DualSense」は、現行(PS4)のDUALSHOCK 4の魅力を最大限そのままに、新機能が追加され、デザイン面でも大きく変わっています。

新機能としては、既報の通り、様々な感覚を表現する「アダプティブトリガー」がR2・L2ボタンに搭載。また、コントローラーにマイクが内蔵され、ヘッドセットなしでもボイスチャットが可能となっています(ヘッドセットも利用可)。


さらに、DUALSHOCK 4に搭載されていた「SHEREボタン」はその機能をなくすことなく、「Createボタン」として生まれ変わることに。「Createボタン」では、ユーザー自身のプレイを元にコンテンツを作成し、全世界に共有または仲間内で楽しむための手段を開拓中とのこと。さらなる詳細については、後日明かされます。

デザイン面では、まず配色が従来の単色からツートンカラーに変化。DUALSHOCK 4ではタッチパッド上に配置されていたライトバーは、タッチパッド両脇に変更されいます。


形状は人間工学に基づいており、あらゆる手の大きさにフィットする快適性を実現。実際の見た目と比べて手にしっくりと収まり小さく感じられるようデザインされ、トリガーの角度やグリップについても細かな調整が入っています。また、稼働時間を伸ばし、できる限りの重量限を実現するための様々な工夫がされているとのことです。

なお、今回の発表に合わせて、SIE社長兼CEOのジム・ライアン氏よりコメントも寄せられています。氏のコメントおよび「DualSense」のさらなる詳細については、下記PS.Blogをご確認ください。

PS.Blog
《編集部@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら