CD Projekt RED、新型コロナ対策として完全在宅勤務を実施 | GameBusiness.jp

CD Projekt RED、新型コロナ対策として完全在宅勤務を実施

「このような事態は我々にとっても前例のないものではありますが、この挑戦を受けて立ち、予定通り『サイバーパンク2077』を9月にお届けできるよう、これからも尽力してまいります。」

企業動向 発表
CD Projekt RED、新型コロナ対策として完全在宅勤務を実施
  • CD Projekt RED、新型コロナ対策として完全在宅勤務を実施

CD Projekt RED(Twitter)は、新型コロナウイルスに関する状況を鑑み、3月17日より完全在宅勤務を実施することを発表しました。

発表によれば、CD Projekt REDはこの一週間、スタジオ内で予防策を導入したほか、在宅勤務を継続するための必要な機材や作業関係を整えてきたとのこと。また、同社の最新作『サイバーパンク2077』についても言及しています。以下、その発表の全文となります。


2009年のH1N1インフルエンザウイルス以来のパンデミックとして、世界各国で猛威を振るう新型コロナウイルス。ゲーム業界でもE3GDCといった一大イベントが中止・延期になるなど、大きな影響が出ています。
《S. Eto@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら