新型コロナウイルスの影響により「PCエンジン mini」の生産と出荷に遅延 | GameBusiness.jp

新型コロナウイルスの影響により「PCエンジン mini」の生産と出荷に遅延

コナミデジタルエンタテインメントは新型コロナウイルスによる「PCエンジン mini」等の生産や出荷への影響を明らかに。

市場 流通
新型コロナウイルスの影響により「PCエンジン mini」の生産と出荷に遅延
  • 新型コロナウイルスの影響により「PCエンジン mini」の生産と出荷に遅延

ゲーム業界にも打撃を与えている新型コロナウイルスですが、コナミデジタルエンタテインメントは3月19日に発売予定となっている「PCエンジン mini」「TurboGrafx-16 mini」「PC Engine Core Grafx mini」等の生産と出荷への影響を明らかにしました。

発表によれば中国での生産と出荷の遅延が避けられず、「PCエンジン mini」の2020年3月6日以降の予約分、そして「TurboGrafx-16 mini」と「PC Engine Core Grafx mini」、 周辺機器「ターボパッド for PCエンジン mini」「マルチタップ for PCエンジン mini」「ACアダプター for PCエンジン mini」が届けられるのは2020年3月20日以降になるとのこと。

2020年3月5日までに予約された「PCエンジン mini」は3月19日に届けられる予定です。発表全文は公式サイトにてご確認下さい。さらなる詳細については改めて伝えられるとのことなので、今後の続報を待ちましょう。
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら