『System Shock 3』開発チームは「もう雇われていない」―Otherside Entertainmentにてレイオフ実施か | GameBusiness.jp

『System Shock 3』開発チームは「もう雇われていない」―Otherside Entertainmentにてレイオフ実施か

過去5か月の間に複数のレイオフが実施されていることが明らかに。その発言から、チームが機能していないことが窺えます。

企業動向 リストラ
『System Shock 3』開発チームは「もう雇われていない」―Otherside Entertainmentにてレイオフ実施か
  • 『System Shock 3』開発チームは「もう雇われていない」―Otherside Entertainmentにてレイオフ実施か
  • 『System Shock 3』開発チームは「もう雇われていない」―Otherside Entertainmentにてレイオフ実施か
  • 『System Shock 3』開発チームは「もう雇われていない」―Otherside Entertainmentにてレイオフ実施か

Otherside Entertainmentが、名作FPSの続編『System Shock 3』の開発チームをレイオフしていることが明らかになりました。

本作はOtherside Entertainmentが開発を手掛けるFPS。2015年の発表以降、パブリッシャーの経営状態の悪化、それにともなう販売権の転移が起きつつも、昨年3月にはティーザートレイラーが公開され、その進捗が窺える状態でした。

しかし、過去5か月で開発チームの人員の多くがレイオフされているとのこと。直近でも、デザインディレクターを務めていたChase Jones氏がチームを離れたことが、Linkedinにある職務経験からわかっています。全員が解雇されたわけではないにしろ、現在進行系で続く一時解雇ではある様子です。

昨年12月にはコミュニティマネージャーであったSam Luangkhot氏がこれについて「心配をしていないと言えば嘘になる」と同社のフォーラムにコメント。また海外フォーラムRPGCodexでは、開発チームの一員とされる人物が「開発チームはもはや雇われていない」と語っているなど、チームが機能していないことが窺える情報が散見されます。

なお、この件に関してOtherside Entertainmentからの正式な発表は未だありません。
《杉元悠@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら