エジプトでのスイッチ本体価格は約6万円! 熱気渦巻くネカフェ&PCゲーム文化も紹介 【異国ファストトラベル】 | GameBusiness.jp

エジプトでのスイッチ本体価格は約6万円! 熱気渦巻くネカフェ&PCゲーム文化も紹介 【異国ファストトラベル】

本稿から始まる連載企画「異国ファストトラベル」では、世界各国のゲーム文化をご紹介。エジプトの家庭用ゲーム機販売事情、PCゲーム文化について探っていきます。

市場 海外市場
エジプトでのスイッチ本体価格は約6万円! 熱気渦巻くネカフェ&PCゲーム文化も紹介 【異国ファストトラベル】
  • エジプトでのスイッチ本体価格は約6万円! 熱気渦巻くネカフェ&PCゲーム文化も紹介 【異国ファストトラベル】
  • エジプトでのスイッチ本体価格は約6万円! 熱気渦巻くネカフェ&PCゲーム文化も紹介 【異国ファストトラベル】
  • エジプトでのスイッチ本体価格は約6万円! 熱気渦巻くネカフェ&PCゲーム文化も紹介 【異国ファストトラベル】
  • エジプトでのスイッチ本体価格は約6万円! 熱気渦巻くネカフェ&PCゲーム文化も紹介 【異国ファストトラベル】
  • エジプトでのスイッチ本体価格は約6万円! 熱気渦巻くネカフェ&PCゲーム文化も紹介 【異国ファストトラベル】
  • エジプトでのスイッチ本体価格は約6万円! 熱気渦巻くネカフェ&PCゲーム文化も紹介 【異国ファストトラベル】
  • エジプトでのスイッチ本体価格は約6万円! 熱気渦巻くネカフェ&PCゲーム文化も紹介 【異国ファストトラベル】
  • エジプトでのスイッチ本体価格は約6万円! 熱気渦巻くネカフェ&PCゲーム文化も紹介 【異国ファストトラベル】
今回から始まる不定期連載「異国ファストトラベル」では、地球をワールドマップとして捉えたファストトラベル的な体験を読者の皆様に味わっていただくべく、世界各国のリアルなゲーム文化を紹介していきます。回数制限なし、(ほぼ)ロード時間なし、もちろんジャンプ中にも使用可能です。

連載第1回は「ゲーム機の価格は日本の1.5倍!アフリカ・モロッコの家庭用ゲーム販売事情って?」に続く形で、エジプト・アラブ共和国のゲーム文化に詳しい現地ライターの声をお届けします。今回のレポーターは、エジプトはカイロ在住の20代男性・Youssef Mohamed Mansiさん。現地のゲーム小売店やネットカフェ、PCゲーミングについて探ってもらいました。




「ピラミッド」と「砂漠」で知られるエジプトには、若い世代に向けてゲーム文化を広めようと熱心に励むハードコアゲーマーがたくさんいます。まずはエジプトの経済事情について軽く説明していきましょう。他の国と比べて、食料品はとても安価。ただし家庭用ゲーム機やゲームの価格は大きく異なり、一般的な労働者がPS4やXbox Oneを購入することはとてつもなく困難です。

筆者はニンテンドースイッチを実際に所有している人を見たことがありません。裕福な知り合いでも任天堂ハードを買おうとする傾向はほとんどなく、主にPS4/PCでゲームを遊ぶ方が多い印象。『クラッシュ・オブ・クラン』や『PUBG MOBILE』などのモバイルゲームに熱中する人もいます。



ここからは、エジプトにある大手小売店「Virgin Megastores」の様子を紹介していきます。過去に日本で展開していたCD・DVDショップですし、モロッコ編でも紹介していたので、ご存じの方も多いと思われます。筆者が取材したエジプトの店舗では、ニンテンドースイッチが2台しか販売されていませんでした。とは言えゲームはたくさん陳列されていますし、レースゲーム用のステアリングコントローラーも置いてあります。


筆者が確認したエジプトでのニンテンドースイッチの販売価格は、9,300エジプトポンド(以下EGP。記事執筆時のレートを基にしています)。日本円にして約64,000円です。日本での通常販売価格は、29,980円(税抜)。日本の約2倍のお値段ですね。その価格から購入するユーザーがほぼおらず、在庫も2台のみということなのでしょう。筆者の体感的なところもありますが、エジプトの労働者の平均月収は40,000円から60,000円ですから、嗜好品としてはかなり高価。ちなみにニンテンドースイッチライトはエジプトでは入手できません。


店内にはたくさんのゲームとバンドル、セット商品が並ぶ「PS4エリア」が設けられていました。コントローラーやコントローラー用スキン、その他アクセサリー類もバッチリ揃っています。DUALSHOCK 4もエジプトではそれほど安いものではなく、販売価格はだいたい800EGP。日本円では約5,500円です。


新作をはじめとした様々なゲームが揃えられていました。1本あたりの価格は500~1,000EGPと言ったところ。エジプトではアラビア語を使うのですが、パッケージに書かれているのは英語のみです。

エジプトはサッカーが盛んなため、サッカーゲームも充分揃っています。サッカーゲームのみをインストールしたPS4をたくさん置くカフェなんかもあるほど。小売店でゲームを新品で購入する方はあまり多くなく、はるかに安上がりなために中古品を狙う方が多い印象です。700EGP(約5,000円)で買えるゲームでも中古や個人売買、レンタルであれば200EGP(約1,400円)に収まります。


PS4本体と追加コントローラー、『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』や『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』を収録するバンドルは10,500EGP(約72,648円)。しかし先述のようにサッカーゲームが人気なので、ほぼ同価格のPS4+『FIFA 20』バンドルのほうが人気を集めています。


PS4本体に『ゴッド・オブ・ウォー』と『DEATH STRANDING』を収録する更に豪華なバンドルには、『フォートナイト』用スキン入りの「DUALSHOCK 4 ネオヴァーサバンドル」も付属。こちらは10,000EGP(約69,000円)でした。『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』のバンドルよりお買い得ですが、中身はなかなか良いですね。


Xbox Oneとその関連アイテムはあまり見当たりませんでした。ほとんどのエジプト在住ゲーマーにとってXbox Oneはポピュラーではなく、販売されているゲームも少し古め。本体は1台も陳列されていませんでした。


PCゲーミング用のアクセサリーも多数販売されています。エジプトではPCゲームシーンがなかなか盛り上がっているので、ゲーミングキーボード/マウスなどがいろいろなところに陳列されていました。今回見つけたSteelSeriesのキーボードは少しお高めに見えましたが、日本の販売価格と比べると半額ほどです。


こちらはDXRacerのゲーミングチェア。日本で販売されている現行モデルとはカラーリングが少し異なるようですが、7,000EGP(約48,450円)でした。納得できる価格ではあります。

ここからは、PCゲーミングについて少し掘り下げてみましょう。昨今では多くの販売サイトがエジプト向けにサービスを展開していて、特にEpic Gamesストアの値引き額は大きいように感じます。最近で言うと、筆者は2019年のクリスマスシーズンに『ディビジョン2』を7ドルで購入しました(通常価格は60ドル)。また、Steamもエジプト向け展開を計画しているのだそう。もちろんセール販売も行われます。



エジプトではe-Sports系のトーナメント/ゲームイベントもたくさん開かれています。素敵なネットカフェが本当に多く、筆者としては「Slice n’ Dice」が特にお気に入り(店舗写真はFacebookより)。何度も通っていますし、設置されているPCのスペックも素晴らしく、友達とリラックスしながらゲームを遊ぶこともできます。


筆者が知る範囲では、エジプトで特に人気のあるオンラインゲームは『リーグ・オブ・レジェンド』だと感じています。常にトーナメントが開催されていて、プロプレイヤーも珍しくはありません。個人的にいくつかの小規模な『LoL』トーナメントに参戦したことがあるのですが、「今日は勝つぞ」という競争的な雰囲気が凄まじく、実際のところプロ選手もこぞってエントリーしているようでした。

全体としてみると、エジプトにおける「ゲーム」は他の趣味・嗜好品と比べてお金のかかるエンターテインメントではなく、一部は高価であるにせよ安くゲームを楽しむ方法はたくさんあります。エジプトのゲームシーンは昨今大きく盛り上がってきていますし、これからも様々な面で進歩していくことでしょう。
《Youssef Mohamed Mansi/Game*Spark編集部@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら