GDC 2020で小島秀夫監督の講演が決定!『DEATH STRANDING』の設計思想について語る | GameBusiness.jp

GDC 2020で小島秀夫監督の講演が決定!『DEATH STRANDING』の設計思想について語る

コジマプロダクションの処女作『DEATH STRANDING』はいかにして作られたのか。GDC 2020で小島監督自らがその設計思想を語ります。

ゲーム開発 その他
GDC 2020で小島秀夫監督の講演が決定!『DEATH STRANDING』の設計思想について語る
  • GDC 2020で小島秀夫監督の講演が決定!『DEATH STRANDING』の設計思想について語る
  • GDC 2020で小島秀夫監督の講演が決定!『DEATH STRANDING』の設計思想について語る

ゲーム開発者のカンファレンスであるGame Developers Conference 2020(GDC 2020)において、コジマプロダクション創設者の小島秀夫監督が「DEATH STRANDINGの設計思想」をテーマに講演することが明らかになりました。

講演は1時間程度の予定で、コジマプロダクションの処女作『DEATH STRANDING』について開発の経緯や課題などについて語るとしています。「Connection(つながり)」をキーワードとした本作のコンセプト、テーマ、ストーリーテリング、ゲームメカニクス、そして開発の分析などを通じて『DEATH STRANDING』の設計思想を解き明かしていくということです。


GDC 2020はサンフランシスコで、現地時間3月16日から20日まで行われます。現時点で小島監督の講演のタイムスケジュールは明らかにされていません。
《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら