国産オンラインRPG『Master Of Epic』の事業譲渡が発表―今後は株式会社MOEによる運営へ | GameBusiness.jp

国産オンラインRPG『Master Of Epic』の事業譲渡が発表―今後は株式会社MOEによる運営へ

精力的なイベントを開催している国産老舗MMO『Master of Epic』の事業移乗が発表されました。それに伴いメンテナンスも行われるようです。

企業動向 発表
国産オンラインRPG『Master Of Epic』の事業譲渡が発表―今後は株式会社MOEによる運営へ
  • 国産オンラインRPG『Master Of Epic』の事業譲渡が発表―今後は株式会社MOEによる運営へ
  • 国産オンラインRPG『Master Of Epic』の事業譲渡が発表―今後は株式会社MOEによる運営へ

サービス開始から13年目を迎えるMMORPG『Master of Epic』が、2020年1月21日に現在運営中のウィローエンターテイメントから株式会社MOEへと事業を譲渡されることが発表されました。

『Master of Epic』は2005年にハドソンから発表され、その後ゴンゾロッソ、ウィローエンターテイメントへと経営が移譲されながら運営が続いていました。株式会社MOEは経営移譲が発表された本日1月14日にサイトを開設し、同作の運営に力を入れていくようです。以下は株式会社MOEからのメッセージです。

ゲーム・エンターテイメントを取り巻く環境は、かつてないスピードで変化と進化を繰り返しています。

スマートフォンの普及とネイティブアプリの成長に伴い、場所を選ばず様々なシチュエーションでゲームがプレイできるようになったことで、コンソールゲーム市場が変化しています。 また、PCゲーム市場にスポットを当ててみれば、近年ダウンロード型アプリは堅調に推移していますが、新たにブラウザゲームがシェアを伸ばし始めており、変化の兆しを感じています。

その様な市場背景の中、弊社はこれまで培ってきたPCオンラインゲームの運営ノウハウを活用し、「Master Of Epic」の更なるサービス向上だけでなく、PCオンラインゲームの枠組みに捕われない新たなコンテンツの創出やクロスプラットフォームでのコンテンツ展開を推進を目指してまいります。

株式会社MOEならではの「オモシロイ」ことを人々に感じていただけるよう全力を尽くす所存でございます。

今後とも一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

昨年には「叛逆性ミリオンアーサー」とのコラボを実施するなど、現在でも積極的なイベント展開を続けている『Master of Epic』。経営移譲に伴い、2020年1月21日12時~2020年1月22日12時までメンテナンスが実施される予定となっています。
《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら