『アクション対魔忍』運営がBGM楽曲の権利侵害を謝罪ー原因と再発防止策を報告 | GameBusiness.jp

『アクション対魔忍』運営がBGM楽曲の権利侵害を謝罪ー原因と再発防止策を報告

Gremoryは、スマートフォン向けアクションゲーム『アクション対魔忍』にて、楽曲の著作権侵害があったことを謝罪し、原因と再発防止策を報告しました。

その他 事件
『アクション対魔忍』運営がBGM楽曲の権利侵害を謝罪ー原因と再発防止策を報告
  • 『アクション対魔忍』運営がBGM楽曲の権利侵害を謝罪ー原因と再発防止策を報告
  • 『アクション対魔忍』運営がBGM楽曲の権利侵害を謝罪ー原因と再発防止策を報告

Gremoryは、スマートフォン向けアクションゲーム『アクション対魔忍』にて、楽曲の著作権侵害があったことを謝罪し、原因と再発防止策を報告しました。

発表によれば、同作内にはDJであるAu5氏の楽曲「Snowblind」に対する著作権侵害の事実があったとのこと。なお、ゲーム内における当該の楽曲は既に削除、修正されていることが伝えられています。

また、同社はこの著作権侵害が発生した原因について、著作権侵害への認識の甘さやチェック体制の不備、人員配置さの不十分さがあったとコメント。同時に、今後は権利侵害に対する確認体制強化を図り、信頼性の担保を約束するとしています。
《吉河卓人@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら