テンセントが『コナン アウトキャスト』『ミュータントイヤーゼロ』を手掛けたFuncomの筆頭株主に | GameBusiness.jp

テンセントが『コナン アウトキャスト』『ミュータントイヤーゼロ』を手掛けたFuncomの筆頭株主に

ノルウェーのデベロッパーFuncomは9月30日、Tencentが同社の筆頭株主となったことを発表しました。

企業動向 発表
テンセントが『コナン アウトキャスト』『ミュータントイヤーゼロ』を手掛けたFuncomの筆頭株主に
  • テンセントが『コナン アウトキャスト』『ミュータントイヤーゼロ』を手掛けたFuncomの筆頭株主に
  • テンセントが『コナン アウトキャスト』『ミュータントイヤーゼロ』を手掛けたFuncomの筆頭株主に
  • テンセントが『コナン アウトキャスト』『ミュータントイヤーゼロ』を手掛けたFuncomの筆頭株主に
  • テンセントが『コナン アウトキャスト』『ミュータントイヤーゼロ』を手掛けたFuncomの筆頭株主に

ノルウェーのFuncomは9月30日、テンセントが同社の筆頭株主となったことを発表しました。



Funcomは、オープンワールドサバイバル『Conan Exiles(コナン アウトキャスト)』の開発・販売や、RPGストラテジー『Mutant Year Zero: Road to Eden(ミュータント・イヤー・ゼロ:エデンへの道)』の販売で知られるメーカーです。

この度中国でオンラインゲームを手掛けるテンセントがFuncomの株式を29%取得し、筆頭株主となることが発表されました。

Funcomは2019年2月にも、アメリカのSF作家フランク・ハーバート氏によるSF小説「Dune」に基づくオープンワールドサンドボックスゲームの開発の為、アメリカの映画会社Legendary Entertainmentと今後6年間に渡る独占開発契約を結んだことを発表しています

2001年リリースのFuncom開発のSFMMO『Anarchy Online』

FuncomのCEO、Rui Casais氏は今回のテンセントの株式取得に当たって「我々はテンセントがFuncomの筆頭株主となったことに大変喜んでいます」「テンセントは長期に投資を行うことで知られ、オンラインゲームの運営能力に定評があります。テンセントによりもたらされる知識や経験、洞察は我々にとって大きな価値があり、Funcomが成功する未来を築き、素晴らしいゲームを開発し続けることで緊密な協力ができることに期待しています。」と述べています。
《technocchi@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら