カプコン、2020年3月期第1四半期決算を発表―リピートタイトルの貢献により第1四半期決算として過去最高を記録 | GameBusiness.jp

カプコン、2020年3月期第1四半期決算を発表―リピートタイトルの貢献により第1四半期決算として過去最高を記録

カプコンは、2020年3月期第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)を、本日8月1日に発表しました。

企業動向 発表

カプコンは、2020年3月期第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)を、本日8月1日に発表しました。

売上高は179億38百万円(前期比4.3%増)、営業利益は77億3百万円(前期比50.8%増)、経常利益は76億99百万円(前期比40.2%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は54億20百万円(前期比38.9%増)を記録。

安定した成長を続けるデジタルコンテンツ事業において、前年度にヒットした『バイオハザード RE:2』や『デビル メイ クライ 5』がユーザー層の拡大により続伸したほか、2017年度に投入した『モンスターハンター:ワールド』も根強い人気に支えられ息の長い売行きを示すなど、リピートタイトルを中心とした好採算のダウンロード販売が伸長し、利益を大きく押し上げることとなりました。

新作ソフトの発売が移植版タイトル等の少数にとどまったものの、上記リピートタイトルの売行きなどにより第1四半期決算としては、営業利益以下、すべての利益項目で四半期開示以来の過去最高を達成しました。

■2020年3月期第1四半期決算短信
http://www.capcom.co.jp/ir/data/pdf/result/2020/1st/result_2020_1st_01.pdf
《茶っプリン@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら